文字の大きさ

地域NPO 港南 | お知らせ

港南12/6 アフガニスタン支援先報告会を開催しました

 e3912b2e-s.jpg  12月6日に支援先である日本国際ボランティアセンター(JVC)から、アフガニスタン担当、小野山亮氏、
加藤真希氏をお迎えして、アフガニスタンの現状について報告をうけました。

小野山氏は医師の衣装(白色は地位の高さを表す色という)に着替えられました。
アフガニスタンにおける医療保健活動の様子をクイズを交えながら、参加者を巻き込んでの楽しい報告でした。
現在、アフガニスタンは治安が悪化して、現地に入ることはできないとのことでした。
2014年は大統領選挙、アメリカ軍の撤退という節目の年に当たり、今後の情勢はますます厳しいものになりそうです。

5edeb8f1-s.jpg加藤真希さんはお気に入りのスカーフ(現地で買われたもの)を
終始身に着けて、若い女性らしい観点から、
アフガニスタンの女性の社会進出について、診療所スタッフ30名のうち女性は4?5名ほどしか居らず、また母親教室参加者15名のうち字が読める人は一人もいないなど、教育を受ける機会は少なく女性の地位は依然として低いという。
一般家庭の部屋、キッチンなども写真で紹介され暮らしぶりや、結婚事情なども聞くことができました。
恋愛結婚はありえないとか・・・

若い女性が外出するときは、ブルカという民族衣装を着なければならない!
報告会参加者も試着してみましたが、前方しか見えず、
足元は全く見えなくて危ないこと、そして重く暑いとか・・

20131206bubuka2.jpg

詳しくは、リンク先の日本国際ボランティアセンター(JVC) 加藤真希さんのブログに今回のパキスタン滞在のエピソードが満載です。
ぜひ覗いてください

2013年12月11日 |