文字の大きさ

地域NPO ほどがや | お知らせ

ほどがや3.11を忘れない-豊田直巳氏写真展-

天王町店では14日(土)まで、星川店では13日(金)まで、
フォトジャーナリスト豊田直巳さんの写真を展示しています。
豊田氏が撮影された写真の一部ではありますが、「フクシマは終わっていない」「フクシマを忘れないで」という放射能汚染地帯に生きる人びとの叫びと囁きが聞こえてくるようです。
原発関連の書籍も置いていますので、どうぞご来店ください。

*************
フォトジャーナリスト豊田直巳さんは写真集やドキュメンタリー映画、そして写真展で『フクシマ?尊厳の記録と記憶』を世界に伝え続けています。
東京オリンピックに向かう中で「フクシマの原発事故は終わった」かのような、放射能被害はなかったかのような「空気」が漂っています。でも、原子力緊急事態宣言は今も継続中です。この緊急事態の中に生きる福島の人びとのことを伝える巡回写真展です。
福島を覆う放射能汚染が消えるまで100年、200年を必要とします。それでも福島で人々は生きています。これからも生きていかなければなりません。この写真展は、そんな人々の応援歌でもあります。
DSC_1016.JPG天王町店

DSC_1029.JPG星川店

2020年03月04日 |