文字の大きさ

地域NPO みやまえ | お知らせ

みやまえ「川崎市宮前区・高津区の戦争遺跡・遺構を巡るウォーキングツアー」ーいつもの足元に、戦争の記憶があったー

「川崎市宮前区・高津区の戦争遺跡・遺構を巡るウォーキングツアー」
-いつもの足元に、戦争の記憶があった-


宮前区内には戦時中、旧陸軍の兵舎があったと聞いていても実態は知りませんでした。

そこで6月25日(日)、WE21ジャパンみやまえは地域の2団体とともに「宮前区・高津区の戦争遺跡・
遺構を巡るウォーキングツアー」を企画し、「みやまえ・東部62部隊を語り継ぐ会」の方たちに
ガイドをお願いして、小雨の降る中を歩きました。

「陸軍」と刻まれた石の軍用地境界標は、宮崎台駅にほど近い、高台から尻手黒川道路への急坂の
途中にひっそりと今も残ります。石標より上のほうに住んでいた人たちは立ち退きを強いられ、一帯は
すべて軍に接収されて兵舎ができました。軍用地に合わせて旧大山街道も曲げられ、広い軍用道路
(現尻手黒川道路)も新設されます。建設作業には多くの朝鮮人労働者が徴用され、馬絹の泉福寺には
数十人が居留していたと住職からお話を聞きました。区の3分の1ほどを占める想像以上のスケール、
有無を言わさぬ軍の圧倒的な力。「戦時」が胸にずしりと響きました。

階段に埋め込まれた石標.JPG
←階段に埋め込まれた石標
陸軍境界標(左右とも).JPG 陸軍境界標(左右とも)

ここにいた部隊は通称「陸軍東部62部隊」、一帯には今も面影を残す馬房や被服廠もあり、終戦時には
数千人の人々が働いていたそうです。二二六事件の後、多くの兵は満州に永久駐屯となり、赤坂に置かれた
兵站部隊は1940年に再編されて、連帯本部がここ宮前に移転。42年末には歩兵連隊が赤坂から移転して
きたのです。その後さまざまな編成替えもされながら、ここから溝の口で列車に乗せられ、中国各地や
東南アジア、太平洋の島々へとどれほど多くの人が送り出されていったことか。

被服廠近くを歩く.JPG


20年余り前、地元の中学生たちの数年にわたり
引き継がれた活動がありました。近隣でご健在
だった方のオーラルヒストリー、地元の図書館
から防衛庁(当時)防衛研究所の資料などの調査
が丹念に重ねられ、その中で何本もの境界標を
発見しました。
当時指導された教諭を中心に「語り継ぐ会」の
活動があります。負の歴史が消えかける中、
足元には重い歴史があること、語り継ぎ"風化"
に抗う大切さを実感したツアーでした。

(WE21ジャパンみやまえ 喜多 麗)

被服廠近くを歩く
  

2017年07月09日 |



みやまえシェア・東ティモール報告会を行いました。

7月19日土曜日、定休日のWEショップで、
シェア東ティモールの活動の現況をお聞きしました。

WE21ジャパンみやまえは、2002年に活動が始まりました。
同じ年に主権を回復して独立国家になった東ティモールで、
シェア=国際保健協力市民の会が実施している保健事業に寄り添って、
2003年からずっと、ささやかな寄付金を送りながら
外部からの支援のあり方を学んでいます。
対象事業は母子保健-保健活動の人材育成-学校保健、と
成果を上げながら移り変わっています。

この日は、東京事務所の吉森悠さんと、
一時帰国中の現地代表、中山中さんをお迎えしました。

はじめに、昨年度までの取り組み、
アイレウ県保健ボランティア育成事業の報告を吉森さんから。
具体的にキーパーソンに力をつけていくプログラムによって、
制度が生かされ、質も高いものになっていることが分かりました。
写真 1.JPG

次は、中山さんの市民向け報告会デビュー。
現在行っている、小学校での保健教育推進プロジェクトのようすです。
時折動画も交えて‥かわいい歌声は「マラリアの歌」「手洗いの歌」など。
子どもたちが歌うことで、家族も衛生を意識するようになるそうです。
写真 2.JPG

今回お話しを聞いた参加者の
半数ほどは、
初めてまとまったお話しを聞いたボランティアメンバーでした。
日々の活動の元気が湧きますように!

2014年07月24日 |



みやまえ2/22(土)開発教育講座「カップめんから世界が見える」開催します!


「カップめんから世界が見える」

2014年2月22日(土) 10:30-12:30

場所:ふれあいスペース宮前

参加費:300円

カップめんのふたを開けて、中身の具材がどこから来たのかを考えてみると......。

何気なく食べていたり使ったりしているモノの向こう側で、何が起きているのかな?

お問い合わせはWEショップみやまえへ。


--------------------
※地域のサイト「森ノオト」にWEショップみやまえ掲載されています!

http://morinooto.jp/love/weshopsaginuma/

2014年02月21日 |



みやまえ鷺沼駅そばに移転オープンしました!

WE ショップみやまえが、東急田園都市線鷺沼駅そばに
移転オープンしました。

初日以来、旧ショップのお客さまも、新規のお近くの方も、
おおぜいの皆さまが寄ってくださり、賑わっています。

miyamae-1.JPG


このお店で20年ぶりのご友人と再会した方、
朝はじめて来店して、夕方には寄付品を持ってきてくださる方、
もう新しい出会いがいくつも始まっています。

miyamae-2.JPG

年内は、12月は27日(金)までまいにち、1月は5日(日)より営業しています。

営業時間:11:00-18:00
電話:044-854-6561

miyamae.jpg

2013年12月10日 |



みやまえWEショップが「鷺沼駅」近くに移転オープンします!

「お買い物が世界を変える」宮前平にWEショップを開いてもうじき12年。

親しまれた宮前平の『WEショップみやまえ』は、このたびおとなりの
鷺沼(さぎぬま)駅近くへ移転オープンすることになりました!

  新店舗:川崎市宮前区土橋3-2-6 
      鷺沼プールサイドスカイマンション103

      *電話番号は変わりません:044-854-6561

  miyamae.jpg

新店舗は東急田園都市線「鷺沼駅」北口から徒歩2分、線路沿いのフットサルや保育園の手前です。
これまで以上にたくさんのハッピーな出会いをたのしみにお待ちしております。

######################################

 現在の店舗:2013年11月20日まで営業いたします。≪閉店セール開催中≫
 
 新しい店舗:2013年12月1日(日)11:00 オープン!!

       営業時間 11:00-18:00(12月27日までまいにち営業しています!)

######################################

2013年11月18日 |



みやまえ東ティモール報告会を開催しました

東ティモール報告会を開催しました

1月20日、シェア=国際保健協力市民の会の東ティモール担当、尾崎里恵さんと
吉森悠さんをお迎えして、シェアが現在行っている保健人材育成事業の報告を
お聞きしました。

2013シェア報告会.JPG

みやまえでは2003年以来、シェアの東ティモールでの事業とつながりを持ち、
毎年スタッフ帰国の際に招いて報告会を開いてきました。

今回は、昨年11月にNHKの「Asia Insight」で放映された30分番組のビデオを
はじめに観ました。山岳地域のきびしい環境の中で、妊婦さんのいる家庭1軒1軒を
訪ねて、相手の状況を理解しながらも母子の安全のために移動健診に来るよう
説得する現地スタッフたち。そのスタッフに力をつけてもらう研修などを
日本人コーディネーターが担います。

これまでの報告会とは一味違う、地域の状況の分かる映像にも助けられ、
参加した16人のショップボランティアや運営委員からたくさんの質問が出ました。
ゲストのお手づくりのお菓子もいただきながら和やかな会でしたが、
政府やJICAの助成金が削られる中で、保健事業のこれからはなかなかきびしい
ことを知りました。東ティモール人スタッフの成長が希望であることも。

2013年01月23日 |



みやまえ「みやまえJUN・CANまつり」に出展します

JUNは循環の循、純粋の純、うるおいの潤。
CANはつながり"環"を、みんなで"感"じること。
地域で、モノが人がめぐりつながるJUN・CAN.

こんな趣旨の宮前区のイベントがはじめて開催されます。
WEショップは、
藤野電力のミニ太陽光パネルを使って活動を紹介しながら、
ジンジャーティやリメイク品の販売、試飲や実演もします。

12月1日(土)
会場:鷺沼ふれあい広場
10時?14時(雨天中止)

市民グループによるおもちゃの交換会「かえっこバザール」や
区内産の野菜直売、ダンボールコンポスト、廃食油回収、
会場に隣接する小水力発電見学会や、フットサルの協力もあります。

会場は鷺沼駅近く、
フットサルコートの並びですが入口は1本上の道ですので徒歩4分。
来場をお待ちしています!

2012年11月22日 |



みやまえ世界の貧困をなくそう!


10月1日から31日まで、「世界の貧困をなくそう」キャンペーン実施中です。

期間中のキャンペーン募金と、16、17両日の売上全額は、
ブルキナファソで「乳幼児と妊産婦対象の栄養改善事業」を行っているNGOハンガーフリーワールドへ寄付します。

ブルキナファソでの事業のミニ写真展
私たちの食と世界の飢餓状況の展示など
WEショップみやまえに、来て・見て・感じてください。

DSCN1266.JPG

もちろん、通常どおりのお買い物もどうぞ。
ショップの中はすっかり秋色です。

201210み.JPG


<「世界の貧困をなくそう」キャンペーンって?>
 10月16日「世界食料デー」、10月17日「貧困撲滅のための国際デー」にちなんで、
 世界の貧困と私たちの暮らしとのつながりに思いをはせる機会にしたいと、
 WEショップでは毎年10月いっぱい、いろいろな体験ができるようにしています。

2012年10月06日 |



みやまえ布ぞうり、つくりましょ

エコぞうり講習会
 日時:7月14日(土) 午後1時半から2時間程度
 場所:WEショップみやまえ
 参加費:500円(材料含みます)

暑い夏の足元にはコレ!

古布を使った裂き織りの布ぞうり=エコぞうりを自分でつくってみたい、という方、
WEショップで、恒例の講習会を7月に再開します。
初心者につくりやすい方法をお伝えします。
ぜひごいっしょにつくりましょう♪
       *会場、材料の都合がありますので事前にご連絡ください。
         連絡先は「WEショップみやまえ」 044-854-6561

IMGP2372.JPG

2012年07月06日 |



みやまえいのちをつなぐチョコレート、残りわずかです

今年も扱っています
イラクの子どもたちのいのちをつなぐチョコレート
JIM-NETの「限りなき義理の愛大作戦」(チョコ募金)

WEショップみやまえでは12月から予約を受けています。
前年度の倍の量を備えて、来店の方たちへお話ししたところ、
おかげさまで、すでに残りはわずかになってしまいました。
せっかくサイトへ入ってくださった方へお知らせが遅れましたが
まだ、かわいい缶入りチョコをお渡しすることができます♪
ぜひWEショップへお問い合わせください。
 WEショップみやまえ:044-854-6561

新聞記事などで知っている、という方もいらっしゃると思いますが、
チョコ募金は、イラクの子どもたちに薬を届けるための募金です。
湾岸戦争やイラク戦争で使われた劣化ウラン弾が
多くの子どもたちにがんや白血病をもたらしたと言われています。
JIM-NETはイラクの5つの小児病院へ医薬品を送るほか
現地の医療従事者のサポートも行っています。
WEショップみやまえでは、通常の店頭募金もここへ当てています。

12月から2月14日までは、
子どもたちが描いてくれた絵をあしらった缶入りのチョコレートを、
500円以上寄付してくださった方へお礼にお渡しするキャンペーン。
手に取ればそれは、あなたのやさしい気持ちをのせたチョコ♪

キャンペーンはチョコがなくなり次第終了します。

1