文字の大きさ

地域NPO さかえ | お知らせ

さかえ3.11をわすれないDAY

東日本大震災から7年。
さかえは毎月11日を「3.11をわすれないDAY」として特定の品物を半額にしてお客様をお迎えしています。大震災から7年を経た今月は、3月10日(土)に「全品 半額!」でお客様をお迎えします。
宮城県と岩手県の津波被災地は少しずつ復興していますが、福島県では原発事故により避難した人々がいまだ故郷に戻れず、神奈川県でも2500人の方々が避難生活を余儀なくされています。さかえは原発事故によって避難している人たちを支援している団体やグループを応援してきました。
10日には、「大槌を応援する会」が取り寄せるワカメや昆布などの産品だけでなく、大槌町の女性たちが手作りした手芸品なども販売いたします。
お買い物と寄付をよろしくお願いいたします。
3.11をわすれない2018.3.gif

2018年03月03日 |



さかえさかえ区民活動センター「ぷらっと栄」でWEショップさかえをアピールしています

広いスペースをお借りして、衣類や着物、バッグやアクセサリー、リメイク品も並べています。
ぷらっと栄は栄区内の市民がおおぜい集まり、さまざまな活動をする区の拠点の1つです。
WEショップをまだ知らない人たちの目を引き付けてくれると大いに期待しています。
期間は1月29日から2月24日まで。
plat1.JPG
plat2.JPG
plat3.JPG

2018年02月13日 |



さかえ「おしどりマコ&ケン トークライブ」大盛況でした

  ホントはどうなの? ニュースに出てこない「福島原発の事実」 1/16 あーすぷらざ

 さかえ・港南・いそご・なかの4地域で開催したトークライブは、お手伝いの方々にやむをえず立ち見をしてもらうほど大盛況でした。
 東京電力の記者会見、自治体の会見、裁判、シンポジウムなどを徹底的に取材し、データを集め、それをわかりやすく軽妙な言い回しで発信するマコケンさんのトークと、事実に向き合おうとする真摯な姿勢に圧倒された2時間でした。吉本芸人がなぜ原発の取材を?と疑問に思いながら参加したという人も多かったようですが、会場は大きな拍手と感動に包まれました。

makoken1.JPG

makoken2.JPG

これからも発信し続けてください。応援しています。

2018年01月17日 |



さかえおしどりマコ&ケントークライブのご案内

明けましておめでとうございます。
今年も運営委員、スタッフ、ボランティア一同、元気にさかえショップを運営します。

新年早々ですが、さかえ・港南・いそご・なかの4つのNPOで主催する「おしどりマコ&ケン」のトークライブをご案内します。
福島原発事故後、東電の記者会見、自治体の会見、全国の裁判、各種シンポジウム、そして被災地を徹底取材したマコちゃんの鋭いつっこみに、あらためて原発と人類は共存できないことを確認できると思います。
チケットはうれしいことにほぼ完売状態ですが、わずかに残っていますので、お早目にお電話ください。

マコケンチラシおもてアウト.gif

1