文字の大きさ

地域NPO ちがさき | お知らせ

ちがさき貧困なくそうキャンペーン2014・イベント「フードドライブ」に参加しませんか?

「もったいない」を「ありがとう」に変えるチャンス!
"フードドライブ"に参加しませんか?

「特売で買った缶詰がたくさん残っている・・・」
「いただきもののお菓子や紅茶がたくさんあるけれど、うちでは食べきれない・・・」
みなさんのご家庭にそういう食品はありませんか?
フードドライブとは、そのような食品を集めて寄付する活動です。持ち寄って頂いた食品はセカンドハーベスト・ジャパン(フードバンク活動をしている団体)へ送り、様々な理由で食に困っている方々(国内の経済的に困窮している高齢者、DVから逃れた方、シングルマザー/ファーザー、難民の方々など)へ届けて頂きます。

 期間:2014年10月6日(月)-18日(土)  営業時間内
 場所:WEショップちがさき店、WEショップ十間坂店

*お持ち頂く食品には、いくつかお守り頂きたい条件があります。
  (ご不明な場合は、スタッフまでお問い合わせください。)
〈 条件 〉
 ・包装や外装が破損していないもの
 ・未開封のもの             
 ・瓶詰の食品でないもの
 ・生鮮食品以外のもの                    
 ・賞味期限が、2014年12月以降と明記されているもの
 ・包装や外装を他のものに移し替えていないもの(お米を除く)

どんなものならいいの?
 ・白米・パスタなど乾麺
 ・食用油、醤油、味噌、砂糖などの調味料
 ・インスタント、レトルト食品、缶詰
 ・コーヒー、お茶などの嗜好品
    ・・・これらの食品が特に喜ばれるそうです。

みなさまの家庭から集まった食品によって、食べる喜びや社会とのつながり、安心も
届けられます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

(セカンドハーベスト・ジャパンHPより一部抜粋、引用)

2014年10月01日 |



ちがさき貧困なくそうキャンペーン2014・イベント「フードドライブ」に参加しませんか?

「もったいない」を「ありがとう」に変えるチャンス!
"フードドライブ"に参加しませんか?

「特売で買った缶詰がたくさん残っている・・・」
「いただきもののお菓子や紅茶がたくさんあるけれど、うちでは食べきれない・・・」
みなさんのご家庭にそういう食品はありませんか?
フードドライブとは、そのような食品を集めて寄付する活動です。持ち寄って頂いた食品はセカンドハーベスト・ジャパン(フードバンク活動をしている団体)へ送り、様々な理由で食に困っている方々(国内の経済的に困窮している高齢者、DVから逃れた方、シングルマザー/ファーザー、難民の方々など)へ届けて頂きます。

 期間:2014年10月6日(月)-18日(土)  営業時間内
 場所:WEショップちがさき店、WEショップ十間坂店

*お持ち頂く食品には、いくつかお守り頂きたい条件があります。
  (ご不明な場合は、スタッフまでお問い合わせください。)
〈 条件 〉
 ・包装や外装が破損していないもの
 ・未開封のもの             
 ・瓶詰の食品でないもの
 ・生鮮食品以外のもの                    
 ・賞味期限が、2014年12月以降と明記されているもの
 ・包装や外装を他のものに移し替えていないもの(お米を除く)

どんなものならいいの?
 ・白米・パスタなど乾麺
 ・食用油、醤油、味噌、砂糖などの調味料
 ・インスタント、レトルト食品、缶詰
 ・コーヒー、お茶などの嗜好品
    ・・・これらの食品が特に喜ばれるそうです。

みなさまの家庭から集まった食品によって、食べる喜びや社会とのつながり、安心も
届けられます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

(セカンドハーベスト・ジャパンHPより一部抜粋、引用)

2014年10月01日 |



ちがさきWE講座「アフガニスタン復興支援"カレーズの会"活動報告会」

アフガニスタン復興支援 「カレーズの会」活動報告会
 
  日時:2014年7月12日(土)14:00-16:00
  場所:茅ヶ崎市民ギャラリー(ネスパビル内)会議室B
          (茅ヶ崎駅北口 長谷川書店3F) 
  講師:「カレーズの会」本部事務局 永井仁乃氏

NPO法人「カレーズの会」は、2002年4月、静岡県島田市在住の医師レシャード・カレッド氏(カンダハール生 京大医学部卒 日本籍)によって立ち上げられ、アフガニスタン・イスラム共和国カンダハール州で現地事務所兼診療所を設立させました。
目的は、30年もの間戦禍の止まない国アフガニスタンの医療と教育支援で、人々の希望の源となっている砂漠の地下水脈「カレーズ」のように、貴重な水の一滴一滴で流れを作り、アフガニスタンの人々に顔の見える形で復興の手助けをすることにあります。
現在活動は、現地職員29名による診療所での1日150人、年間36,000人の患者への無償対応、さらに地域12カ所に医療のヘルスポストの設置、また衛生教育・学校支援・国際アフガニスタン支援団体連携事業などで、広く実績をあげています。
今回、静岡から本部事務局永井氏をお迎えし、現地DVD等でその現状と活動のお話を伺います。WE21ジャパンちがさきでは2012?13年と続けて「カレーズの会」を支援しています。直接的に活動報告を聞くのは、私達スタッフも初めてなので楽しみにしています。多くの方々とご一緒に支援の様子を聞ければと思いますので、ご参加をお待ちしています。


参加ご希望の方は、 WE21ジャパンちがさき(Tel / Fax 0467-88-6015)まで
お申し込みください。

2014年06月11日 |



ちがさきWE講座「アフガニスタン復興支援"カレーズの会"活動報告会」

アフガニスタン復興支援 「カレーズの会」活動報告会
 
  日時:2014年7月12日(土)14:00-16:00
  場所:茅ヶ崎市民ギャラリー(ネスパビル内)会議室B
          (茅ヶ崎駅北口 長谷川書店3F) 
  講師:「カレーズの会」本部事務局 永井仁乃氏

NPO法人「カレーズの会」は、2002年4月、静岡県島田市在住の医師レシャード・カレッド氏(カンダハール生 京大医学部卒 日本籍)によって立ち上げられ、アフガニスタン・イスラム共和国カンダハール州で現地事務所兼診療所を設立させました。
目的は、30年もの間戦禍の止まない国アフガニスタンの医療と教育支援で、人々の希望の源となっている砂漠の地下水脈「カレーズ」のように、貴重な水の一滴一滴で流れを作り、アフガニスタンの人々に顔の見える形で復興の手助けをすることにあります。
現在活動は、現地職員29名による診療所での1日150人、年間36,000人の患者への無償対応、さらに地域12カ所に医療のヘルスポストの設置、また衛生教育・学校支援・国際アフガニスタン支援団体連携事業などで、広く実績をあげています。
今回、静岡から本部事務局永井氏をお迎えし、現地DVD等でその現状と活動のお話を伺います。WE21ジャパンちがさきでは2012?13年と続けて「カレーズの会」を支援しています。直接的に活動報告を聞くのは、私達スタッフも初めてなので楽しみにしています。多くの方々とご一緒に支援の様子を聞ければと思いますので、ご参加をお待ちしています。


参加ご希望の方は、 WE21ジャパンちがさき(Tel / Fax 0467-88-6015)まで
お申し込みください。

2014年06月10日 |



ちがさき8/21(水)カンボジア報告会「子どもにやさしい社会をつくろう」を開催します。

NPO法人 WE21ジャパンちがさき
WE講座のお知らせ

シーライツ駐在員 上田美紀さん

カンボジア・子ども支援プロジェクト報告会 「子どもにやさしい社会をつくろう」


WE21ジャパンちがさきは、シーライツ(認定NPO法人 国際子ども権利センター)「カンボジア・スバイリエン州
タナオコミューンでの子どもの人身売買・児童労働防止のためのプロジェクト」を支援しています。

このプロジェクトは、違法な出稼ぎを防いで、物乞いをさせられている子どもたちが学校に行けるようになることと、
そのための地域づくり「ふるさと」づくりを目指しています。
現地プロジェクトマネジャーでいらっしゃる上田美紀さんに、カンボジアでの活動についてお話し頂きます。

日時 : 2013年8月21日(水)14:00-15:30
場所 : 高砂コミュニティセンター 会議室1 茅ヶ崎市中海岸1-2-4  (茅ヶ崎駅南口サザン通り徒歩5分)


<上田さんからのメッセージ>

「皆さんこんにちは。上田美紀です。カンボジア在住が10年を過ぎ、これまでに、保健、教育、農業・農村開発、
人身取引の被害者に対する自立支援、違法な出稼ぎと児童労働・子どもによる物乞いに関する事業を担当してきました。

今回の報告会では、違法な出稼ぎや子どもの物乞いという問題の背景にある、高度成長を続けるカンボジアの
光と影の部分に焦点をあて、国境沿いに住む住民の「選択肢」についてお話ししたいと思います。
さらに、シーライツの取り組みと成果をご紹介します。皆さまのお越しをお待ちしています。」


お申込み・お問い合わせ先  0467-88-6015 WE21ジャパンちがさき)     

2013年07月28日 |



ちがさき8/21(水)カンボジア報告会「子どもにやさしい社会をつくろう」を開催します。

NPO法人 WE21ジャパンちがさき
WE講座のお知らせ

シーライツ駐在員 上田美紀さん

カンボジア・子ども支援プロジェクト報告会 「子どもにやさしい社会をつくろう」


WE21ジャパンちがさきは、シーライツ(認定NPO法人 国際子ども権利センター)「カンボジア・スバイリエン州
タナオコミューンでの子どもの人身売買・児童労働防止のためのプロジェクト」を支援しています。

このプロジェクトは、違法な出稼ぎを防いで、物乞いをさせられている子どもたちが学校に行けるようになることと、
そのための地域づくり「ふるさと」づくりを目指しています。
現地プロジェクトマネジャーでいらっしゃる上田美紀さんに、カンボジアでの活動についてお話し頂きます。

日時 : 2013年8月21日(水)14:00-15:30
場所 : 高砂コミュニティセンター 会議室1 茅ヶ崎市中海岸1-2-4  (茅ヶ崎駅南口サザン通り徒歩5分)


<上田さんからのメッセージ>

「皆さんこんにちは。上田美紀です。カンボジア在住が10年を過ぎ、これまでに、保健、教育、農業・農村開発、
人身取引の被害者に対する自立支援、違法な出稼ぎと児童労働・子どもによる物乞いに関する事業を担当してきました。

今回の報告会では、違法な出稼ぎや子どもの物乞いという問題の背景にある、高度成長を続けるカンボジアの
光と影の部分に焦点をあて、国境沿いに住む住民の「選択肢」についてお話ししたいと思います。
さらに、シーライツの取り組みと成果をご紹介します。皆さまのお越しをお待ちしています。」


お申込み・お問い合わせ先  0467-88-6015 WE21ジャパンちがさき)     

2013年07月28日 |



ちがさき店内の改装をしました♪

この度、ちがさき十間坂店では、店内の改装をいたしました。

ご寄付いただいた品物が、きれいにレイアウトできましたので、

ぜひお越しください!

chigasaki1.jpgのサムネイル画像

chigasaki2.jpg

スタッフとボランティアが、
皆さまのお越しをお待ちしております。

*****************************************
WEショップちがさき十間坂店

2012年09月29日 |



ちがさき被災地支援義援金 寄付のご報告/営業時間のご案内

東日本大地震被災地支援義援金 71,281円を寄付しました。

今回の東日本大地震被災地支援義援金として、

街頭募金と10周年記念事業時の募金を併せた71,281円を
日本赤十字社を通じて寄付いたしました。


WEショップちがさき2店舗の営業は平常営業となりました。

WE21ジャパンちがさきでは、今回の震災に伴い、
WEショップ2店舗を臨時休業に致しましたが、

現在、計画停電時においても平常通り、営業しております。

2012年03月28日 |



ちがさき 被災地支援義援金 寄付のご報告/営業時間のご案内

東日本大地震被災地支援義援金 71,281円を寄付しました。

今回の東日本大地震被災地支援義援金として、

街頭募金と10周年記念事業時の募金を併せた71,281円を
日本赤十字社を通じて寄付いたしました。


WEショップちがさき2店舗の営業は平常営業となりました。

WE21ジャパンちがさきでは、今回の震災に伴い、
WEショップ2店舗を臨時休業に致しましたが、

現在、計画停電時においても平常通り、営業しております。

1