文字の大きさ

地域NPO にのみや | お知らせ

にのみや緊急募金とレインボーキャンペーンのご報告

ご協力をお願いしていた2つの募金のご報告をいたします。

フィリピン台風被害復興支援募金 5,620円
 有機農業資材やコーヒーの木のメンテナンス費用などに充てられます。

レインボーキャンペーン 4,250円
  フィリピンの山岳地帯の子どもたちに85箱のクレヨンを贈ることができました。

ありがとうございました

イヤマン2015レインボーキャンペーン.JPG

2015年12月25日 |



にのみやチョコ募金

2016年2月7日終了しました。
ご協力ありがとうございました。

.......................................................................................
JIM-NETのチョコ募金に取り組んでいます。
一口500円の募金をしてくださった方へチョコレートを一缶プレゼント。

募金は、福島・イラク・シリアの子どもたちの健康を守る活動に支援されます。
イラクの小児ガンの子どもたちが、缶の絵を描きました。テーマは「いのちの花」です。

缶の中には六花亭のハート型のミニチョコが10個入っています。
ささやかな募金へのお礼の印です。

2015年12月チョコ募金2.jpg 2015チョコ.JPG

2015年12月06日 |



にのみや平和を願って『ガラスのうさぎ像』に千羽鶴

二宮駅南口にあるガラスのうさぎ像に、
平和を願う千羽鶴が飾られています。
敏子さんの像に向かって右奥に
WEショップにのみやに集まった600羽余りの千羽鶴も飾ってありました。
戦後70年の今年、あらためて平和な日々を送ることの有り難さを思います。

image.jpg

2015年08月04日 |



にのみやネパール大地震緊急募金のご報告

4月25日に発生したネパール大地震の被災者への緊急支援募金活動を行いました。
ご協力いただいた皆さまから7,051円の募金が集まりました。
この募金は、認定NPO法人 地球の木 に送金いたします。
現地は雨期に入り、テント、医薬品、食料、水が不足しています。
少しでも役に立つことを願っています。
募金してくださった皆さま、ありがとうございました。

1 image.jpg

2015年06月26日 |



にのみやリメイク講習会を行いました

月一回、町のサポートセンターでリメイク講習会を開いています。
布ぞうりを中心に、家庭で不要になった布類や、ショップで残念ながら販売できなかった衣類を使って、リメイク作品の作製に取り組んでいます。
今日の出席者は8人。写真は出来上がった布ぞうりです。
次回は7/17(金)に開催します。
2 image.jpg

2015年06月19日 |



にのみや2014年度 支援先のご報告

おかげさまで総額276,290円を支援金として送ることができました。

◆ 福島の子どもたちの保養事業
   (NPO法人 ふくしま支援・人と文化ネットワーク)
1.リフレッシュ・キャンプ事業  2015年2回行う予定
 いわき市内の幼稚園 2園の園児 50人が対象
 保養地は、小諸エコビレッジ 又は 富士山YMCA グローバル・エコ・ヴィレッジ

2.出前文化
 実施日:2015年10月‐11月の3日間
 影絵団体:あけびの会 
  低年齢児(保育園児、幼稚園児)、児童養護施設の子どもたち、
  障がい施設の子どもたちなどに影絵や人形劇の公演を開催し、
文化を通して精神的に安定を図っていきます。
感性だけでなく創造力を養います。

 支援額 93,233円

   
◆ フィリピンベンゲット州 環境教育プログラム
     (イヤマン)
  2015年5月‐2016年4月、ベンゲット州の小学校6校が対象。
  森林伐採、鉱山開発、気候変動によって刻々と失われていくベンゲットの自然環境。
  小学生に環境教育を行い、将来この地域の環境問題に取り組む人材を育てます。

 支援額 20,000円


◆ フィリピンベンゲット州 コーヒーの森づくり
    (コーディリエラ・グリーン・ネットワーク)
   2015年4月‐2016年3月
   コーディリエラ山岳地域ベンゲット州トゥブライ町アンバサダー村コロス集落の住民が対象。
   コーヒーのアグロフォレストリー栽培により災害に強いコミュニティを作り、
   コーヒーを販売して収益を得られることを目指しています。
   2015年度はコーヒー栽培の拡張、収穫後の加工方法の指導等行います。
 
 支援額 50,000円


◆ カンボジア 子どもの健康増進プロジェクト
    (シェア=国際保健協力市民の会)
   2015年1月1日‐2015年9月16日
   プレイベン州スバイアントー郡保健行政区5箇所の保健センタースタッフや
   79ヶ村の2歳未満児2,100名と養育者が対象。
   4割以上の子どもが慢性の栄養不良状態のため、早期に発見し対応する仕組みを作り、
   予防・診断・治療の3本柱の活動と保健人材を育成します。
   2015年度はプロジェクト終了年次となります。

 支援額 22,455円


◆ アシーラ女性組合 36,048円

◆ イヤマン レインボーキャンペーン 2,300円

◆ JIM-NETチョコ募金       50,000円

◆ ガザ地区緊急医療支援       2,254円

合計 276,290円

たくさんの寄付と買い物、ボランティアなどのご協力、
誠にありがとうございました。

1