文字の大きさ

民際協力

【民際協力】民際協力活動「フィリピン交流ボランティア6日間」スタディツアーのご案内!

民際協力事業フィリピン・スタディツアー2013
=フィリピン先住民族の人々と交流しよう!=

<WE21ジャパンの支援先現場を訪問!マニラ・バギオ観光つき>

WE21ジャパンは2000年に初めてフィリピン・ルソン島北部ベンゲット州を訪ねて以来、お互いの経験や知識を分かち合い交流を深めながら、市民による支援活動、交流活動を続けています。

ベンゲット州の先住民族の人々は、鉱山開発や台風被害など、様々な困難に直面してきました。今回のスタディツアーではそんな厳しい状況にある人々と共に行ってきた以下の3つの活動の現場を訪問します。

豊かな山々が広がるベンゲット州で先住民族の文化に触れませんか?


日程:2014年2月7日(金)-2月12日(水)の5泊6日

旅行代金:167,000円

最小催行人数:6名

申し込み締切:2014年1月10日(金)

スタディツアーヘッド.jpg

資料請求・お問合せ: http://www.we21japan.org/
Email:shien@we21japan.orgTel:045-440-0421、Fax:045-440-0440(担当:小池)

旅行企画・実施:特定非営利活動法人WE21ジャパン、H.I.S

※詳細チラシはこちらをクリック


【コーヒーの森づくり事業】

事業地:トゥブライ郡アンバサダー村コロス集落

2009年10月のペペン台風により土砂崩れなどの大規模な被害があったコロス集落で、被害からの復興と生活向上を目標に、コーヒーの木をアグロフォレストリー(森林農法)方式で植樹しています。

今回のツアーでは住民たちと一緒にコーヒーの収穫を体験します!

【ベンゲット・グリーン・アクション】

事業地:キブンガン郡ルボ村

1970年代に盛んであった鉱山開発の際に行われた露天掘りによって、住民たちは生活の場であり、生計の場であった二つの山を失いました。ベンゲット・グリーン・アクションでは、そんな鉱山開発跡地ルボ村にて足尾銅山の環境回復事業の経験を共有し、植林や有機農業の営みによる環境回復と生計向上を目指しています。今回のツアーでは住民たちと一緒に苗木場での作業を体験します。ホームステイも行います!

【ジンジャーティ・フェアトレード】

事業地:カパンガン郡ウボッド・アプナン村

山岳地域にあるウボッド・アプナン村には病院やクリニックがないため、村人たちは病気にかからないように予防し、自分で健康を管理していくため、手づくりのジンジャーティを飲んでいます。WE21ジャパンではそんなジンジャーティを公正な価格で買取り販売する、フェアトレードを行っています。今回のツアーではそんな生産地の一つを訪問し、ジンジャーティ生産や健康管理のための代替医療(マッサージ等)を体験します!
*その他、バギオにて第二次大戦中の戦跡を訪問するツアーや、マニラ観光もあります。

2013年12月04日 |