文字の大きさ


【報告】WEフェスタ2017秋 =たくさんのご参加・ご協力ありがとうございました!=


11/9(木)朝10:30より開催された「WEフェスタ2017秋ーもったいないは世界につながる! チャリティバザール リユース&リメイク」は、開始前から約100人のお客さまにお並びいただき、お陰をもちまして大変な盛況のうちに終了することができました。

フェスタ秋会場入口.JPG 外看板.JPG
会場のメインエントランス                  会場外の大型看板
 

■広い販売エリアでゆったりチャリティ販売を楽しんでいただきました

前回とくらべ約2倍の広さのスペースでゆったりとお買い物をお楽しみいただき、全国からご寄付いただいた衣類や食器、バッグ、くつ、日用雑貨、着物などの資源をリユースへとつなぐことができました。
着物生地を活用したリメイクコーナーでは、15のWE21地域NPOがそれぞれブースを構え、お客さまは作り手との会話を楽しんでいただき、最後まで生地を使う様々なアイデアや工夫を共有し合いました。

売り場の賑わい.JPG リメイクコーナー.JPG 
準備した300箱余りの品物を全て展示                リメイクコーナーでは参加地域どうしの情報交換も


■イベントエリアではステージでのバンド演奏や活動アピール

広々としたイベントスペースでは、日ごろ連携・協力しているNGOや団体・企業の皆さまにご出展いただき、ステージではSDGsトークを交えたバンド演奏、沖縄・福島に思いを寄せるコーラスYUIの皆さん、WEコレクション・ファッションショー、参加団体のアピールタイムなど盛りだくさんの内容となりました。
また、福島いわき市からのおいしいパン、ワーカーズのお弁当やバーガー、地球市民ACTかながわさんのタイラーメンなど充実したメニューも好評でした。

イベントコーナー.JPG イベントエリア.JPG
他団体・企業にご出展いただきました             日本チャリティーショップ・ネットワーク(JCSN)の展示 

ステージ-飯室商店さん.JPG WE21都筑.JPG
ガラスリサイクルの飯室商店さんによる事業のアピール     パレスチナ商品販売(WE21ジャパン都筑)

ステージ発表-OXFAM.JPG   ステージ-コーラス1.JPG
オックスファム・ジャパンの活動紹介     コーラスYUIの美声に癒されて


■韓国からの特別招へいで慶南地域自活センターも出展
今回は韓国からの慶南地域自活センターの皆さんにより、香り高いハーブティ販売や自然染色ワークショップ、販売品を出品いただき、WEメンバーとの交流を深めました。大学・企業・NPO/NGOの皆さんとも交流し実り多いイベントとなりました。

ブース慶南.JPG 慶南と美大カボチャポコス.JPG
貧困をなくすための事業を行う韓国の慶南自活センタ―    ミックスハーブティは爽やかな香り♪


■リユース品売上と子ども事業への寄付報告

リユース品の売上は皆さまのご協力により、約300万円にのぼりました。ご協力・ご参加に心より感謝いたします。
売上の10%は、子ども支援事業を実施する3つのNGO団体へ賛同シールを貼ってきただき、その数に応じた比率の金額を寄付をさせていただきます。
ご来場の皆さまには、コーナーのポスターや説明を聞いて、賛同する事業にシールを貼っていただいた結果、合計231枚のシールがそれぞれのボードに貼られました。売上10%の約30万円はシール数の比率に応じて東日本の子どもの保養事業、パレスチナの子どもの栄養事業、カンボジア保育事業へそれぞれ寄付させていただきます。

寄付コーナー2.JPG SDGs展示.JPG
3つの子ども支援事業についてご説明              SDGs(持続可能な開発目標)を広めるための展示

<子ども支援事業への10%寄付 シール投票集計>  合計231枚
 ●福島子ども・こらっせ神奈川(東日本被災地子どもの保養事業)    12万5078円
 ●日本国際ボランティアセンター(パレスチナ子どもの栄養)      9万8900円
 ●幼い難民を考える会(カンボジア保育事業)             6万6902円
  *リユース品売上合計=290万8800円(11/21時点)

こらっせ集合写真.jpg JVCパレスチナ2.jpg CYR.jpg
   福島子ども・こらっせ神奈川       日本国際ボランティアセンター       幼い難民を考える会
 (東日本被災地子どもの保養事業)      (パレスチナ子どもの栄養)       (カンボジア保育事業)


 =たくさんのご参加・ご協力をいただきありがとうございました!=

慶南と集合写真.JPG

2017年12月04日 |