文字の大きさ

WE21ジャパン民際協力事業「コーヒーの森づくり事業(正式名称:トゥブライ郡コーヒー生産者のコーヒーの品質向上のための組織強化プロジェクト)」では、2018年1月19日-29日まで、現地での活動実施とモニタリングのための現地渡航を行いました。

コーヒー専門家山本博文さんにも同行頂き、現在のコーヒーの品質を見て頂くことができました。
見た目での品質は向上し、高評価の豆も生まれ始めている中、課題として挙げられたのは「組織単位でのコーヒー生産の重要性」でした。
1年目でリーダーシップの重要性を学び、2年目には組織・地域での協力の重要性を学んだ生産者たちが、最終年度となる3年目に何を目指すのか、ご報告致します。

当日はフィリピンのコーヒー、カピタコ・コーヒーの試飲も行います。ぜひご参加下さい!

コーヒーの森づくり事業報告会20180313.JPG
※PDFのダウンロードはこちら

日時:2018年3月13日(火)10:30-12:30
会場:かながわ県民センター11階 コラボスタジオ
報告者:小池絢子(WE21ジャパン民際協力室・プロジェクトマネージャー)
    海田祐子(WE21ジャパン都筑・コーヒーの森づくり事業ワーキングチーム)
参加費:無料 
※カピタコ・コーヒーの試飲あり!(マイカップをお持ちください)

お申し込み:E-mail shien@we21japan.org FAX 045-264-9391 (小池)〆切:3月12日(月)

2018年03月01日 |