文字の大きさ

【WE21ジャパン主催イベントのお知らせ】
プロサバンナ事業関連で今年はWE21ジャパン主催で、TICAD公式サイドイベントを開催いたします。奮ってご参加ください。

ticad_reaf_a_iow.jpg

ticad_reaf_b_low.jpg


SDGsとアフリカ開発?  ?私たちの暮らしから考える?
アフリカは「遠い国?」
エチオピアのコーヒー、モーリタニアのタコ、ケニアのバラ。そして日本の産業になくてはならないニッケルやプラチナなどの鉱物資源・・・これらはすべてアフリカからの輸入されています。これらの輸入は、アフリカの人たちの暮らしも豊かにしているでしょうか?
TICAD7を機に、アフリカの農民の方たちをお招きし、私たちに身近な存在であるパームオイルと大豆油を事例に、いま世界で何が起きているのか、専門家を交えて報告してもらい、日本との関係を紐解きます。そしてSDGs達成に向けて日本の消費者として何ができるか、皆さまと横浜から考えます。

日時:2019年8月29日(木)15:30?17:00
会場:パシフィコ横浜1階 展示ホールB
定員:200名

報告1:パームオイルと私たち           浜田順子 (WE21ジャパン理事)
報告2:油ヤシ・プランテーションで起きていること 
エマニュエル・エロング(カメルーン農民)
報告3:アフリカで大豆生産   ~日本のODAプロ左伴あ事業から見えること
                     ボア・モンジャーネ(モザンビーク活動家)
                     コスタ・エステバオ(モザンビーク農民)
解説:グローバルフードシステムと日本      平賀みどり
<コメント・ご挨拶>  海田祐子(WE21ジャパン理事長)
<司会・全体進行>   渡辺直子(日本国際ボランティアセンター(JVC))


申込み・お問合わせはこちらのサイトからお申込みください
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/b00f23a2628543
<お問い合わせ>WE21ジャパン
TEL:045-264-9390
Email:shien@we21japan.org

2019年08月07日 |