文字の大きさ

9・11 同時多発テロ事件に対する、アフガニスタンへの報復攻撃から 20 年、史上最長最
悪と言われた米軍の戦闘は、今年8月末までで駐留米軍の完全撤退が実行されまし
た。その結果、反政府勢力タリバンは支配地域を広げ、首都カブールに進攻、全土を制圧しました。
その急激な変化は、政治的混乱を伴い、今アフガニスタンは不安定な状況にあります。
私たちWE21ジャパングループ有志は、今回の大きな政変により、アフガニスタンの人たちが置かれている困難な状況に対して強い関心を持ち、メッセージを発信します。


<アフガニスタン情勢におけるWE21ジャパングループの共同メッセージ>

WE21J_G_message_0914.jpg

WE21J_G_message_0914.pdf

2021年09月14日 |