文字の大きさ

WE21ジャパンからのお知らせ

【講座・イベント】10/30 「WEまつり in EBINA」報告

WEまつり in EBINAへのご来場、ありがとうございました!

P1050168.JPG

お天気もなんとか持ちこたえ、

環境や民際協力などの活動の紹介、寄付品の販売、
フェアトレード品の販売、ファッションショー、コンサートなどを行いました。

お楽しみいただけましたでしょうか?

当日収益は981,050円は、
フィリピン・ベンゲット州での「コーヒーの森づくり事業」、「ベンゲット復興基金」などに活用し、
先住民族の人びとの生活向上に役立てていきます。

ご協力ありがとうございました。

【WEまつり インタビュー動画です。】


【当日の様子を写真でご紹介します。】

P1050188.JPG P1050155.JPG
全国からの秋冬物の寄付品販売     フィリピンのジンジャーティー・コーヒーの販売

P1050225.JPG P1050242.JPG  
フィリピンでの民際協力活動を紹介    寄付の洋服・雑貨"ザ・WEブランド"を
                     身にまとってファッションショー

P1050234.JPG P1050217.JPG P1050202.JPG
着物からリメイク         フェアトレードを通した    ソーラークッカーで
               カンボジア支援(WE21つるみ) 焼きソーセージづくり

 WEまつり in EBINA 2011 開催概要
============================================

 日時:2011年10月30日(日)10:00-15:00
 会場:海老名中央公園(神奈川県海老名市中央1-291-3) 
   http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1171521529599/index.html 
   小田急線・相鉄線海老名駅東口より徒歩2分(ビナウォークとマルイの間にある公園) 
 プログラム:
 <バザー会場>全国から寄せられた衣類や雑貨の販売
 <ステージ>ファッションショー
         *WE21ジャパンへ寄付された洋服・雑貨、リメイク、支援先の民族衣装  
         *コンサート?川井正隆グループ
             ドラマーとして様々なアーティストのライブ・レコーディングを
             サポートする傍ら、カホン奏者としても活躍。
             自身が定期的に行うsession「Fusion Drummers Web」では
             須藤満(T-square)、増崎孝司(Dimension)、和佐田達彦(爆風
             スランプ)など、トッププロとも共演。

             2008年には初ソロアルバム「live and let live」発売。 
             近年は作曲家として女性シンガーや映画への楽曲提供を行う。
             このグループはメンバーを定めず、そんな川井正隆の楽曲を
             一番いい形でお届けできるメンバーで不定期に演奏しています。
             ポップでキャッチーな音楽に耳を傾けてもらえれば幸いです。

            2011年10月30日メンバー
              Gt.鷹股慎(from fuzzy)、Key.山口亘、Ba.儀保努、Dr.川井正隆
 主催:WE21ジャパン    
 後援:海老名市

 収益は、フィリピン・ベンゲット州での「コーヒーの森づくり事業」、「ベンゲット復興基金」などに充て、
 先住民族の人びとの生活向上に役立てます。
============================================

2011年11月03日 |



【講座・イベント】10/1,2グローバルフェスタ、10/22,23よこはま国際フェスタ出展

10月6日は国際協力の日、16日は世界食料デー、17日は貧困撲滅のための国際デーと、
記念日にあわせて国際協力の活動を紹介するイベントが、全国各地で行われています。

WE21ジャパンは、
10月1日(土)、2(日)は東京・日比谷公園での「グローバルフェスタ」、
10月22日(土)、23日(日)には横浜・象の鼻パークでの「よこはま国際フェスタ」に出展しました。

よこはま国際フェスタは、雨のため、残念ながら日曜日だけの開催になりましたが、
インターンの学生さんたちに作っていただいたジンジャーティーなどのディスプレイが大活躍し、
フィリピンの人びととの民際協力やWEショップのしくみについて、たくさんの方に紹介させていただきました。

  
P1050106.JPG  横浜国際フェスタ.JPG
グローバルフェスタ             よこはま国際フェスタ

◆グローバルフェスタ◆
2011年10月1日(土)、2日(日)10:00-17:00 @東京 日比谷公園
http://www.gfjapan.com/
  

◆よこはま国際フェスタ◆
2011年10月22日(土)・23日(日)10:30-17:00 @象の鼻パークBゾーン
http://yokohama-c-festa.org/

2011年10月26日 |



【講座・イベント】9/16講座「"貧困国"の"食の安全"に私たちの責任?アフリカに導入される遺伝子組み換え作物の事例から(世界食料デー月間2011プレイベント)【報告】

WE21ジャパンを含むNGOや国際機関8団体は、
10月を「『世界食料デー』月間2011?みんなで食べる幸せを」として、
世界の食料問題を考える取り組みを広く呼びかけています。
キャンペーンHP:http://www.worldfoodday-japan.net/

food.png

9月16日(金)、その一環として、
アフリカに導入される遺伝子組み換え作物の問題から、
世界の食料問題と私たちの暮らしのつながりを考える講座を開催しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆ 講座概要 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「食の安全」・・・ 私たち自身の「食の安全」はもちろん必要ですが、同時に世界、
そして「貧困国」の「食の安全」について、思いをはせる人はどれくらいいるでしょうか。
いわゆる「先進国」や「アグリビジネス」がこうした国の「食の安全」を脅かしている事例、
そして「先進国」の私たちの責任を、アフリカへの遺伝子組み換え作物導入の事例から考えます。

【日時】  2011年9月16日(金)13:30-16:00
【会場】  かながわ県民サポートセンター305号室
【講師】  津山直子さん (「動く→動かす」(GCAP Japan)代表、
       アフリカ日本協議会理事、関西大学客員教授、元JVC南アフリカ現地代表)
【共催】  WE21ジャパン、アフリカ日本協議会

【取り上げる現状や課題】 
 ・アフリカにおける「食料増産」「国際協力」の名目での  
 遺伝子組み換え作物を導入する動き 
 ・いわゆる「先進国」や「アグリビジネス」の関わり 
 ・こうした遺伝子組換え作物が「食の安全」に及ぼす   
  影響やその他の問題 
 ・この問題に取り組んでいるNGOや市民団体の活動 
 ・日本からできること

food2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

遺伝子組み換え作物の導入-支援は、常に現地とギャップが出ないようにするのが重要
(WE21ジャパンのインターン生からの報告)

南アは世界第8位のGM作物生産国であり、また日本は世界最大のGM作物輸入国で、
毎年1,600万tを輸入しています。私たちも決して無関係ではありません。GM作物は、
除草剤を撒いても枯れないなど便利な一方、生殖機能の異常など、生態系の破壊や
人体への被害が懸念されています。

しかし近年、南アでは「食糧援助」として、GM作物が貧困層である黒人小規模農家に
配布され、様々な問題を引き起こしています。例えば、支援の際の自己負担金が支払えず
GM農業を中止しても、土壌が変質してしまったために伝統的な農業に戻れずに、
ますます貧困と飢餓に陥るなどといったように、事態は深刻です。

このような中で有機農法を広めようとしている津山さんは、
「GMは自分たちの問題であると同時に世界の大きな課題になっている。
市民としてのネットワークを広げて行動していくことが大切」と言います。

私は今回初めてこの問題を知り、支援に深くかかわるアメリカの大企業などの姿から、
強者による搾取構造という面と、支援のあり方について考えさせられました。

上からの一方的な「支援」になっていないか、持続可能かなどを考慮して、
常に現地とギャップが出ないようにするのが重要なのだな、と分かりました。

また津山さんは ミレニアム開発目標(MDGs)の貧困・飢餓の撲滅についても言及し、

「食料をあげることだけが問題解決ではない。今日のおなかをいっぱいにするだけ
ではなくて、安定した、安心できる生活を送っていくという意味での貧困や飢餓をなくす、
ということではなくてはいけない」

との言葉が印象に残りました。

(インターン K.S)

2011年09月20日 |



【講座・イベント】4/30東日本大震災支援 販売イベント「みんなでバザー」報告

WE21ジャパンが被災地のためにできる支援として、
4月30日(土)、海老名中央公園(神奈川県海老名市)で、
東北関東大震災の被災者応援イベント「みんなでバザー」を開催しました。

bazar.bmp

「みんなでバザー」は、市民の皆さんによるバザー出店とWE21ジャパンによるバザー出店での
販売収益を、すべて被災者支援に寄付するという販売イベント。

「震災で被災された方々のために何かしたい!」との思いで、
多くの方から物品のご寄付をいただき、バザーではお買い物などを楽しんでいただきました。

当日の収益金額は、1,059,066円となりました!

バザーで販売する物品の寄付をしてくださった方、
ブース出店をしてくださった方、
バザーに買い物にいらしてくださった方、

皆様の心からのご協力に感謝申し上げます。

今回のバザー収益金はすべて、被災者支援を行う3つの団体/事業に等分して
寄付させていただきます。(下記参照)
今後の復興に向けて、少しでも被災された方々の役に立つよう、願っています。

bazar2.png
寄付の物品をお持込いただいた方も多くいらっしゃいました。

gif  
一般出店ブースも大盛況。            
「東北に友人がいて。できることをしたい。」が出店のきっかけだそう。   

bazar4.png
福島県いわき市の物産品も販売。お昼をまわった頃にはお漬物は完売に。


当日の様子を動画にまとめました。


今回のバザー収益金は以下の3事業/団体へ寄付させていただきます。

<寄付先>
◆東日本大震災 支援活動まとめて募金

(特活)国際協力NGOセンター(JANIC))が運営する募金です。
寄付した募金は、被災者に向けて緊急支援を実施している、もしくは
支援活動実施を決定しているJANIC正会員団体である33団体(4/11時点)に均等配分されます。
http://www.janic.org/bokin/matomete/matomete14.php


◆「東北広域震災NGOセンター」

認定NPO法人 国際ボランティアセンター山形(IVY)(事務局団体)が、
比較的被害が少なかった山形県の団体こそ調整を担うべきとして設立しました。

東北内外32の団体・グループのネットワークで(4/11時点)、人・情報・物資・資金を共有し、
宮城県にて、物資支援提供、炊き出し、避難所の整備、被災者雇用創出復興事業などを実施。

事務局団体であるIVYは、個別活動もしくはネットワークに加わる団体との共同活動のほか、
諸団体間調整、情報の収集提供、行政との調整窓口などの実務を担っています。

募金は、リクエストのあった支援物資の調達費、炊き出しの材料費、燃料費、道具のレンタル代、
ディーゼル代などにあてられます。
http://www.ivyivy.org/news/ngoivy.html

◆いわき市小名浜における3.11大震災からの自立復興プロジェクト 

福島県いわき市で活動するNPO法人ザ・ピープルは、
本来のリユース・リサイクル活動とは別に、被災者への物資支援活動を行っています。

さらに被災地市民として、復興のための市民の動きを作りながら、
一過性の外部者支援ではなく、地域に根ざした、雇用を生み出すところまでの
支援を計画していています。

WE21ジャパンは、2008年からお互いのリユース・リサイクル活動を学びあい、交流を深めてきました。
震災直後から被災者の支援を行っているザ・ピープルを応援していきたいと考えています。
http://www.iwaki-j.com/people/


◆みんなでバザー 開催概要◆

【日程】 2011年4月30日(土)10:00-15:00(少雨決行)
【会場】 海老名中央公園(〒243-0432 神奈川県海老名市中央一丁目291番地の3)  
      http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1171521529599/index.html 
      ※交通アクセス  
       電車:小田急線・相鉄線「海老名駅」下車 東口から徒歩2分
       車:近隣の有料駐車場をご利用ください(海老名中央公園地下駐車場(有料))。 
【内容】 フリーマーケット形式による物品販売
      (一般の市民の皆さん・・・ブース出店による物品の販売)
      (WE21ジャパン地域NPO、WE21ジャパン・・・市民から寄付された物品の販売)
     ※収益をすべて、被災者支援活動を行う3つの事業/団体へ寄付します。
【入場】 無料
【主催・問い合わせ】 特定非営利活動法人WE21ジャパン(担当:渋谷)
【後援】 海老名市、神奈川県、横浜NGO連絡会(YNN)、国際協力NGOセンター(JANIC)

2011年05月09日 |



【ご寄付いただく皆様へ】寄付品送付先変更のお知らせ

寄付品をお送りいただく皆様へ


品物のご寄付をご検討いただきまして、ありがとうございます。

2009年7月より、品物を保管する物流倉庫が移転し、寄付品の送付先が変更となりました。

今後お送りいただく品物は、下記の新物流センター「エコものセンター」へお願い申し上げます。


<寄付品の送付先>

WE21ジャパンエコものセンター

〒252-1121
神奈川県綾瀬市小園822-1(Tel/Fax:0467-76-0309)


※ダンボール、または紙袋に入れてお送りください。
※毎週水曜日午前着のご指定で、送付をお願い致します。
※配送料につきましては、大変恐縮ですが、お客様のご負担をお願いします。


☆ご寄付いただける品物の種類は、HP上でご確認いただくか、事務局までお問い合わせください。
 (エコものセンターにはスタッフは在駐しておりません。)

☆企業様からのご寄付や、大量のご寄付がある場合、
 寄付される前に下記事務局までお問い合わせをお願いします。
 

お問い合わせ先:WE21ジャパン事務局(平日10時ー18時)
        TEL:045-440-0421、E-mail:info@we21japan.org

2011年01月28日 |