文字の大きさ

中村敦夫 ひとり語り 朗読劇 
線量計が鳴る -元・原発技師のモノローグ-

東京電力福島第一原子力発電所の事故から7年あまり。今もなお4万6000人もの
人々が避難生活を余儀なくされています。現状が改善せれない中、人々の原発事故への
関心は徐々に薄れつつあります。
中村敦夫さんが演じる元原発作業員の老人は、事故がなぜ起きたのかその背景と本質を
明らかにしていきます。
中村さんが少年時代を過ごしたいわきの訛りで語る原発への怒りが、私たちの胸に深く
突き刺さります。是非ご参加ください!

【日時】  2018年11月28日(水)14:00(開場13:30)
【場所】  スペースオルタ 新横浜駅より徒歩6分 オルタナティブ生活館地下1階)
【チケット代】 2,000円(全席自由 当日券はございません)
【主催】  WE21ジャパングループの11地域のNPO法人
       いずみ・旭・せや・ほどがや・とつか・なか
       みなみ・いそご・港南・さかえ・よこすか
【後援】  NPO法人WE21ジャパン、スペースオルタ
【チケットのお求め・問い合わせ】NPO法人WE21ジャパン 
TEL:045-264-9390 Email:morita@we21japan.org


【プロフィール】
中村敦夫 1940年,東京生まれ。幼少期に福島県に疎開し、小中学校を過ごし、
東京に戻って都立新宿高校を卒業、
東京外国語大学に入学。演劇に興味を持ち大学を中退、劇団俳優座に入る。
1965年ハワイ大学留学、帰国後は劇団を退団して、TV界へ進出した。
その後数多くのドラマに主演、脚本や演出でも活躍、
ニュースキャスターを経て、1998年、参議院東京選挙区から立候補して当選。
日本最初の環境政党を作ろうと全国の組織化に奔走し、2004年に政界引退を表明する。
2007年から3年間、同志社大大学院で講師を務め,環境社会学を講義。
現在は日本ペンクラブ理事、環境委員を務めている。


中村敦夫朗読劇.jpg

中村敦夫朗読劇記事.jpg


2018年10月16日 |



WE21ジャパンでは、活動を推進する事務局職員を募集することになりました。
募集要項をご覧いただき、ご不明な点やご相談などがございましたら、お気軽にご連絡ください。
ご応募をお待ちしております。

**********************************************【募集要項】*********************************************************


◆募集職種:WE21ジャパン事務局長 

◆募集人数:1名

【契約形態】常勤職員
      ※非常勤職員(週3日以上)をご希望の場合、勤務日・時間、
      業務内容などご相談ください。

【業務内容】組織運営に関わる事務局業務全般(総務・財務・広報・人事等)
      会員や協力者との連絡・及び連携強化。

【勤務開始時期】2018年12月より。入職時期は応相談。3ヶ月間は試用期間とする。

【勤務日】月-金曜日の週5日勤務。(土日、祝日、年末年始休)。ただし、イベント等がある場合には、
      土・日・祝日勤務の可能性あり。振替休日あり。(応相談)

【勤務時間】午前9時-午後6時。昼食休憩1時間、実働8時間。(応相談)

【待遇】当団体規定による(試用期間3か月、社会保険完備、通勤手当支給)
 
【勤務地】特定非営利活動法人WE21ジャパン事務所
     神奈川県横浜市中区山下町70土居ビル6階(最寄駅:JR関内駅、みなとみらい線日本大通り駅)

【資格・条件】
※職務遂行上、必須の資質        
・市民による国際協力、市民社会からの提言活動に強い関心を持つ方。
・当団体の活動内容や方針について理解、賛同し、理事会の一員として運営責任を負う意志がある方
(応募時に会員でない方は、採用決定後に入会が必要です)。
・基本的なコンピューター操作(Word、Excel、インターネット、電子メール等)ができること。

※望ましい資質(必須ではない)
・さまざまな立場や考え方の人とコミュニケーションをとる意欲のある方。
・組織の運営・管理の経験のある方。
・NGO/NPOの活動や勤務経験のある方。
・営業・渉外・広報などの経験がある方。
・経理の基礎的な知識・経験を有する方。

【応募方法】
提出書類:1.履歴書(市販のもの)、2.職務経歴書、3.志望動機書(2.、3.、はA4でそれぞれ2枚以内、
自由書式)、4.職務経歴について問い合わせ可能な方(氏名、所属、応募者との関係、連絡先)を下記まで、
電子メールにて提出ください。

提出先:特定非営利活動法人WE21ジャパン morita@we21japan.org
電子メールのタイトルには、「WE21ジャパン事務局長応募の件」とご記入ください。
応募締め切り: 適任者が決まり次第、締め切ります。
選考方法: 書類選考の上、面接を予定しています。

2018年10月12日 |



10月16日の「世界食料デー」、17日の「貧困撲滅のための世界デー」に寄せて、世界の貧困が生まれるしくみ、「世界」と「私」のつながり、そして私たちが普段の暮らしの中でできることを考えるキャンペーンを実施しています。

神奈川県を中心に広がる54の「WEショップ」を中心に、キャンペーン期間中の売上金の寄付、海外で活動するNGOスタッフによる講座の開催、写真・パネル展示等を行い、多くの方たちに関心を持っていただく機会をご用意しています。

わたしたち一人ひとりが貧困をなくすために何ができるのか・・・
イベントに参加して考えてみませんか?

*各地域NPOのキャンペーン内容はこちら(2018年10月2日更新)
貧困なくそうキャンペーン計画表2018.pdf

貧困をなくそうキャンペーン2018.jpg

貧困をなくそうキャンペーン2.2018.jpg

「貧困なくそうキャンペーン2018」は
◆世界食料デー月間2018 みんなで食べる幸せを◆と連携しています。

10月16日世界食料デーを中心に、10月の1か月間食料問題の解決に向けたキャンペーンが行われます。
詳しくは → http://www.worldfoodday-japan.net/

2018年10月04日 |



2018年9月23日(日)元文部官僚の寺脇研さんをお迎えして、
「どこへ向かう日本の教育」と題して、教育基本法の新旧対照表を参考に、
現教育の問題点を挙げて、本来の教育の在り方、
そして今後未来に向けて学校教育はどう進めるべきかお話しいただきました。
寺脇さんは、本年度からの小学校での道徳の教科化を課題に、偏りのある教科書をもとに
画一的な道徳教育は押しつけになることを危惧され、道徳教育より「規範性」を考える教育が必要となっていくのではないかと提言。
近い将来、AI人工知能が人を超えていくとされる中、数・国・理・社・英5教科より、規範教育として、公共性、
家庭科、音楽、美術など人にしかできないことの学びの大切さを強調されました。
質疑応答では、「哲学」を教科にしてはどうか?との質問に、まさに哲学を子どもに分かるように説いて教えることが「規範」に繋がっていくのではないかとのご意見もあり、寺脇さんの講演会を通して、今後の教育のあり方を真剣に考える有意義な時間となりました。

DSC_0142.JPGのサムネイル画像


【開催概要】
寺脇研さん講演会「どこへ向かう日本の教育 教育の変質、そして憲法改正」

【日 時】   2018年9月23日(日)18時-20時(開場17時30分)
【講師】   寺脇研さん
福岡県福岡市出身の元文部官僚。
文部省・文部科学省在任中は、初等中等教育政策に深く関わったこと
から、教育に関する 著作が数多い。
在任時には「ゆとり教育」「脱偏差値」「学校週5日制」
「総合的な学習の時間」「生涯教育」などを推進した。
現在、京都造形芸術大学でマンガ学科の教授。
他に映画評論家。落語評論家。
【資料代】   500円
【主催・問合せ】特定非営利活動法人WE21ジャパン 平和政策チーム

2018年09月28日 |



終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。

コーヒーの森づくり事業のパートナーであるフィリピンのコーヒー生産者たちが来日し、
日本のコーヒーの品質管理の現場を視察、組織の強化のための日本研修を実施。
その研修を総括する報告会を開催いたします。皆様ぜひご来場ください。

日時:2018年10月4日(木)10:00-13:00
会場:JICA横浜 会議室1


住所:〒231-0001横浜市中区新港2-3-1
みなとみらい線馬車道駅より徒歩8分
参加費:無料
申し込み:10/1(月)〆切
Email:shien@we21japan.org(民際協力室 小池)
FAX:045-264-9391

※懇親昼食会開催予定


Coffee  forest.jpg

2018年09月21日 |



WE21ジャパンは一般家庭から寄付された新品・中古の衣類・雑貨を、フリーマーケット形式で販売し、
収益をリユース・リサイクル環境事業、民際協力活動等に活かすチャリティバザール
「WEフェスタ2018"もったいない"は世界につながる」を開催します。
今回も昨年同様チャリティ企画として売上の10%を子ども支援事業へ寄付いたします。


【期間】  2018年11月8日(木)10:30-16:00
【場所】  横浜産貿ホール 1F展示場 (神奈川県横浜市中区山下町2)
【入場料】 無料
【内容】          全国からの寄付品(衣類、着物、食器、靴・バッグ、雑貨)の紹介、販売
               フェアトレード品(ジンジャーティ、コーヒー)の販売
                リメイクコーナー(リメイク品販売・ワークショップ)
                NGO・団体・企業の出展
               食販ブース・休憩コーナー
               WE21ジャパン・グループ活動紹介
【出展団体・企業】     NPO法人エコメッセ 
              NPO法人日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)
              NPO法人ビラーンの医療と自立を考える会 
              学校法人アジア学院 
              合同会社パレスチナオリーブ 
              株式会社大川印刷 
              国際環境NGO FoE Japan
              日本チャリティーショップ・ネットワーク 
              認定NPO法人地球市民ACTかながわ/TPAC 
              認定NPO法人日本国際ボランティアセンター(JVC)
              認定NPO法人WE21ジャパンいずみ 
              認定NPO法人WE21ジャパン・たかつ 
              WE21ジャパン・インド支援連絡会 
              特別展示/リメイクアート作品展示 横浜美術大学 安部泰輔(美術家) 

【後援】
          NPO法人アクションポート横浜
              (有)飯室商店
              (株)大川印刷
              神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会
              女性・市民コミュニティバンク
              生活クラブ生活協同組合神奈川
              TOKYO油田2020
              ナカノ(株)
              日本チャリティーショップ・ネットワーク
              NPO法人横浜NGOネットワーク
              NPO法人ワーカーズ・コレクティブ協会
              (企)ワーコレ・キャリー
              神奈川県
              環境省関東地方環境事務所
              横浜市資源循環局


【主催】 認定NPO法人WE21ジャパン TEL:045-264-9390 FAX:045-264-9391 E-mail:info@we21japan.orgWEフェスタ2018 リーフレット.jpg
WEフェスタ2018リーフレット裏.jpg

2018年08月10日 |



戦後制定された教育基本法では、教育が時の政権によって恣意的に使われないように、
教育は「人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として
必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われること」
が定められました。
しかし第一次安倍政権のもとで教育基本法は改正され、「日本の伝統・文化の 尊重」
「愛国心・郷土愛」「公共の精神」「道徳教育」などが加筆され、
そして今年度から、小学校で道徳が教科となりました。教育現場はすでに変化しています。
こうした教育の変質と憲法改正とのつながりについて、元文部官僚で在任中 に「ゆとり教育」などを
推進、退官後も社会への発信を続ける寺脇研さんを講師にお迎えして、お話を伺います。
大勢の皆様のご参加をお待ちしています。

【どこへ向かう日本の教育 -教育の変質、そして憲法改正- 開催概要】

◆日時:2018年9月23日(日)18:00-20:00(開場17:30-)

◆講師:寺脇 研さん

◆会場:かながわ県民センター301   

◆参加費:500円

◆申込フォーム:https://goo.gl/forms/H477psyrketGe7DM2

◆主催:特定非営利活動法人WE21ジャパン 平和政策チーム

【講師プロフィール 寺脇 研さん】
福岡県福岡市出身の元文部官僚。
文部省・ 文部科学省在任中は、初等中等教育政策 に深く関わったことから、教育に関する著作が数多い。
在任時には「ゆとり教育」「脱偏差値」「学校週5日制」「総合的な学習の時間」「生涯教育」
などを推進した。
現在、京都造形芸術大学でマンガ学科の 教授。他に映画評論家。落語評論家

>>チラシ(PDF版)はこちらへ

>>申込フォーム(PDF版)は講演会申込フォーム.pdfこちらへ


2018年08月09日 |



日本に入ってくるフィリピンのバナナが、持続可能な農法で作られた、地球にもやさしく、労働者の人権も守られた「エシカル」なバナナになることを目指して、イベントが開催されます。WE21ジャパンも賛同団体です。

日時:2018年7月29日(日)13:00-16:30
会場:聖心女子大学4号館3階ブリット記念ホール
資料代:500円

主催:エシカルバナナ・キャ上映会+報告会キャンペーン実行委員会(アジア太平洋資料センター(PARC),
APLA,オルター・トレード・ジャパン(ATJ)

申込詳細→
エシカルバナナ・ キャンペーン実行委員会
https://www.e-banana.info/

2018年07月23日 |



2018年5月1日に、全国の7のNGOネットワークにより、市民社会スペースの維持・拡大
を目的とした同ネットワークが設立され、WE21ジャパンも賛同団体となりました。

特定秘密保護法、その後の安全保障法制、共謀罪法などによって、国内外の安全保障環境
は悪化し、NGOや市民が自由に活動できる市民社会スペース(市民が自由に言論、活動、
結社できる社会の活動領域)は年々、狭められています。

WE21ジャパンはこれまで、市民による自由な話し合いや行動を基軸に
活動を広げてきましたが、"市民社会スペース"という認識やその大切さを発信し、
活動が狭められるような動きが起きないよう、NGOネットワークと連帯していきたいと考えています。

「市民社会スペースNGOアクションネットワーク(NANCiS)」とは?:
2018年5月1日設立。構成は全国の7のNGOネットワーク。
国際協力NGOの活動が特定秘密保護法や安全保障法制、
共謀罪法など近年進む安全保障環境の悪化や治安維持を理由とした政府の管理強化により
阻害されることのないよう備え、また、行政による市民活動への介入や圧力、
さらにはヘイトスピーチなどに見る排外主義的な言論や社会の雰囲気によって委縮しないよう、
その活動を通じて、市民社会スペースに関わる問題性が社会に提起されることを目的とする。
設立趣意書は、こちらをご覧ください。


2018年06月08日 |



2018年5月19日(土)、第19回通常総会の記念講演として、望月衣塑子さん(東京新聞社会部記者)を招いて、
政治や武器輸出の取材を通じて考えるメディアの役割などについてお話を伺いました。

*** *** *** *** *** ***

講演会2.jpg

講演会では、森友・加計問題、官房長官会見、武器輸出、前川前事務次官や伊藤詩織さんへの取材など、
望月さんが追求してきた社会問題について、その取材の経過や関係者とのやりとりをお話いただきました。

その後、メディアは権力とどう向き合うべきか、メディアによる権力の監視・チェックの役割などに言及され、
志ある記者が集まって会社を横断した勉強会を開催したり、政治評論家や同じ報道分野に関わる多方面の方たちからの応援が届く中、萎縮せずにジャーナリストとして信念を強く持つことの大切さを強調されました。

日本の報道自由度ランキングは、世界の中で67位と、とても低くなっています。
「ジャーナリズムとは報じられたくないことを報じることだ。それ以外のものは広報にすぎない」という
小説家、ジョージ・オーウェルの言葉も引用しながら、
"権力側が隠そうとすることを明るみに出すこと"を自身のテーマとして取り組んでいるとのことでした。

私たち市民が、社会で起きているさまざまな問題を知り、考える時、
テレビや新聞が伝える情報はとても影響が大きく、それを伝えるメディアの存在はとても重要です。

当日の参加者は63人、会場はほぼ満席となり、
参加者からは、「もっと事実が透明化され、知ることができ、伝えられる世の中になってほしい。そのためにメディアの在り方、記者の存在は大きい」、「毎日の新聞・ニュースにもっと関心を持って、聞いたこと、見たことを回りの人に話していきたい」などの感想があり、
今後の、志あるジャーナリストの皆さんの活動に期待しながら、市民として情報を精査し判断できる力をつけていく必要を再確認しました。


【第19回通常総会 総会記念講演会 開催概要】

◆日時:2018年5月19日(土)14:00-16:00)

◆講師:望月衣塑子さん(東京新聞社会部記者)

◆会場:JICA横浜 4F会議室かもめ(横浜市中区新港2-3-1)
    
◆参加費:500円

◆主催:認定NPO法人WE21ジャパン

【講師プロフィール 望月衣塑子さん】
19149031_1353708421351196_2434341961092203601_n.jpg東京新聞社会部記者。千葉、埼玉など各県警、東京地検特捜部、東京地高裁の裁判担を経て経済部に復帰。社会部で武器輸出、軍学共同を主に取材。「世界」6月「国策化する武器輸出」、「武器輸出と日本企業」(角川新書)、「武器輸出大国ニッポンでいいのか」(あけび書房)、四半世紀を綴った「新聞記者」(角川新書)を発売。近著に「追及力」(光文社)、「THE 忖度」(KKベストセラーズ)。去年、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞。


>>チラシ(PDF版)はこちら

1030170702soukaikouenkai20180401.jpg

2018年05月25日 |