文字の大きさ

エコものセンターは 2018年12月26日(水)と 2019年1月2日(水)
冬期休暇とさせていただきます。

2018年12月13日 |



WE21ジャパンは、 2018年12月27日(木)- 2019年1月6日(日)
冬期休暇とさせていただきます。

2018年12月13日 |



教えてマコケンさん! 災害がおきたら原発はどうなるの?-知って・考えよう-


2018年は豪雨・地震・台風といった自然災害が全国で発生しました。
「福島第一原子力発電所の今」を知ることは、私たちがどんな未来を子どもたちに
手渡したいか考えるきっかけとなります。
これまで地道な取材を重ねてきたおしどりマコ・ケンさんに
"報道されない原発事故後の真実"ついて語っていただきます。

【日時】    2019年1月26日(土) 14:00-16:30(受付 13:30-)

【会場】    サンハート 横浜市旭区民文化センター 
            相鉄線「二俣川」駅北口徒歩すぐ(二俣川ライフ5F)

【チケット】  前売500円 / 当日600円  
        託児:先着20名(組合員無料、組合員外200円)
        ※高校生以下無料。お子さんと一緒の参加もOK!

【共催】
   横浜みなみ生活クラブ生協 泉コモンズ・緑園デポー、
        認定NPO法人WE21ジャパン・旭、
        認定NPO法人WE21ジャパン・いずみ



【協賛】
   横浜みなみ生活クラブ生協 旭北コモンズ・旭南コモンズ、
         認定NPO法人WE21ジャパン

 

【チケットのお求め・お問い合わせ】 
        認定NPO法人WE21ジャパン・旭(WEショップ旭)
        TEL/FAX 045-364-3277
        Email: we21asahi@ybb.ne.jp
                  
        認定NPO法人WE21ジャパンいずみ(WEショップいずみ)
        TEL: 045-802-0095 FAX: 045-392-8043
        Email: aee04605@nifty.com

      
         ※高校生以下の方、保育希望の方は申込時にお報せください。


2019年1月マコケンさん.1.jpg

2018年12月06日 |



貧困対策先進国・韓国から学ぶ-私たちが生きる貧困社会と今後の地域づくり

日本では、子ども、女性、非正規雇用者などを中心とした貧困が深刻化し、
地域の役割がますます注目されています。貧困問題に対する国の対策は、
日本より韓国が一歩先に進んでおり、"基礎生活を保障し、
自立できる市民は自活できるよう起業支援を行う"仕組みは、
1990年代の民衆運動から生まれ法制度化されました。

この法制度の下、官民協働の「慶尚南道広域自活センター」は
貧困支援の前線で活動し、WE21ジャパンは2013年から
相互交流を通じて学びを得てきました。  

社会問題に対する韓国市民の行動は時に激しく、
意志ある「市民」が暮らす社会の有り様を知ることは、
今後の日本の社会運動や市民活動のヒントになります。

今回、韓国の市民運動に詳しい方からお話を伺いながら、
翻って私たちが生きる貧困社会をどう捉え、
地域づくりに取り組んでいったらよいのかを考える機会としたいと思います。
ぜひご参加ください。

◆日時:12月15日(土)13:30-16:00

◆会場:JICAよこはま1F会議室

◆プログラム:

・韓国の市民社会と協同組合
   丸山茂樹さん (参加型システム研究所 客員研究員)

・「慶尚南道広域自活センター」との友好協定と交流について

◆参加費:500円  12月10日(月)迄に要事前申込

◆お申込みはこちら >>>
https://goo.gl/forms/wdOeGV8VmCU4SrJ42

◆主催:認定NPO法人WE21ジャパン

poverty program korea.jpg

2018年11月26日 |



【報告】WEフェスタ2018秋 =たくさんのご参加・ご協力ありがとうございました!=


11/8(木)朝10:30より開催された「WEフェスタ2018秋ーもったいないは世界につながる! チャリティバザール リユース&リメイク」は、開始前から多くのお客さまにお並びいただき、お陰をもちまして大変な盛況のうちに終了することができました。

IMG_1636.JPG
会場のメインエントランス
 


■広い販売エリアでゆったりチャリティ販売を楽しんでいただきました

ご来場いたただきましたお客様に、ゆったりとお買い物をお楽しみいただき、全国からご寄付いただいた衣類や食器、バッグ、くつ、日用雑貨、着物などの資源をリユースへとつなぐことができました。
着物生地を活用したリメイクコーナーでは、14のWE21地域NPOがそれぞれブースを構え、お客さまは作り手との会話を楽しんでいただき、最後まで生地を使う様々なアイデアや工夫を共有し合いました。


■イベントエリアでは様々な展示、ワークショップで活動をアピール

広々としたイベントスペースでは、日ごろ連携・協力しているNGOや団体・企業の皆さまにご出展いただきました。特別展示として、WE21ジャパンから提供した布地を使った、横浜美術大学の学生さまによるクリスマスツリー、美術家 安藤泰輔さんのリメイクアートが会場を彩り、作品のまわりで行われたワークショップ、ハンドマッサージもご来場の皆様に楽しんでいただけました。
また、ワーカーズのお弁当やバーガーなど充実したメニューも好評でした。

IMG_1591.JPG IMG_0434.JPG
古布で作られたクリスマスツリー                リメイクアート 

IMG_0437.JPG IMG_0556.JPG
手づくりコースターワークショップ(WE21ジャパンいずみ)  リメイク商品販売(WE21ジャパンみなみ)

IMG_1622.JPG IMG_0513.JPG
栃木のお野菜で作ったジュースなどを販売(アジア学院)   ハンドメイドアクセサリーを販売(FoEジャパン)



■リユース品売上と子ども事業への寄付報告

リユース品の売上は皆さまのご協力により、約300万円にのぼりました。
ご協力・ご参加に心より感謝いたします。
売上の10%は、子ども支援事業を実施する3つのNGO団体へ賛同シールを貼ってきただき、その数に応じた比率の金額を寄付をさせていただきます。
ご来場の皆さまには、コーナーのポスターや説明を聞いて、賛同する事業にシールを貼っていただいた結果、合計229枚のシールがそれぞれのボードに貼られました。売上10%の約30万円はシール数の比率に応じて東日本の子どもの保養事業、パレスチナの子どもの栄養事業、カンボジア保育事業へそれぞれ寄付させていただきます。
IMG_0572.JPG IMG_1578 (2).JPG
3つの子ども支援事業への寄付投票ボード            SDGsから見たWE21ジャパン・グループの民際協力展示

FOE.jpg 院内イベント (2).jpg JVCパレスチナ (2).jpg
福島の子どもたち保養プログラム     シリア難民支援 妊産婦に必要な        パレスチナ・ガザ地区における    
 「福島ぽかぽかプロジェクト」     医療支援及び乳幼児への医療用粉ミルク支援    子どもの栄養失調予防事業  

=たくさんのご参加・ご協力をいただきありがとうございました!=

IMG_1649.JPG

2018年11月22日 |



東日本大震災復興支援まつりが、いよいよ明日です!ぜひお立ち寄りください!
東日本大震災から、7年が経過し、震災や被災地への関心が薄れてきています。
3.11を風化させないために、今年も復興支援まつりを開催されます。
岩手、宮城、福島から、美味しい物産とともに、人々が集います。
東北の復興に向けたメッセージを横浜の力発信し、交流し、つながりを深めていきましょう!

【日時】2018年11月10日(土)10:00-14:30 雨天決行
【場所】みなとみらい 臨港パーク
    横浜市西区みなとみらい1-1-1 (JR桜木町駅から徒歩12分
                    みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩7分)
【主催】生活クラブ生活協同組合神奈川
【お問い合わせ】NPO法人WE21ジャパン 
        TEL 045-264-9390
        E-mail koho@we21japan.org


東日本復興支援祭り.jpg

2018年11月09日 |




大豆から考える食の今と未来

"いまモザンビーク・ブラジル・日本でおきていること"

私たちの身近な食材『大豆』その生産がブラジル・モザンビークで起きている
『環境被害』や『土地収奪』もつながっているのを知っていますか?

今世界各地で「食」とそれを支えてきた「家族によるちいさな農家」が深刻な
危機に直面しています。
その背景には、もうけを重視するグローバル・フードシステム、
遺伝子組み換えなどの技術、そしてそれらを推進する各国政府の政策があります。

そしてこの問題は日本で暮らす私たちとも無縁ではありません。
日本の大豆生産のためのODA事業や開発計画により、ブラジルやモザンビークで
数々の環境被害や土地収奪が引き起こされています。
これは私たちの税金によって引き起こされた事態なのです。

一方で、両国の先住民族や小さな農家の人びとは、様々な創意工夫を積み重ね、
この問題に取り組んできました。それは国境を越えた連携によって世界に広がっています。

モザンビークとブラジルの皆さんと共に「食の今と未来」を一緒に考えましょう!

是非ご参加ください!!

【日時】 2018/11/25(日)12:30-16:00

【会場】 海老名市文化会館 3階 351多目的室
神奈川県海老名市めぐみ町6番1号
※小田急小田原線・相鉄線「海老名駅」西口より徒歩5分
※JR相模線「海老名駅」東口より徒歩5分

【参加費】500円 (定員60名)

【お申込み】https://goo.gl/forms/4ngVr7AyOGPehZp93

【主催】認定NPO法人WE21ジャパン
横浜市中区山下町70 土居ビル6階
   TEL045-261-9390 FAX045-264-9391
E-mail shien@we21japan.org

【共催】 特定非営利活動法人WE21ジャパンいせはら


三か国民衆会議サイドイベント.jpg

三か国民衆会議サイドイベント申込書.jpg

2018年11月05日 |



※チケットは完売致しました。


中村敦夫 ひとり語り 朗読劇 
線量計が鳴る -元・原発技師のモノローグ-

東京電力福島第一原子力発電所の事故から7年あまり。今もなお4万6000人もの
人々が避難生活を余儀なくされています。現状が改善せれない中、人々の原発事故への
関心は徐々に薄れつつあります。
中村敦夫さんが演じる元原発作業員の老人は、事故がなぜ起きたのかその背景と本質を
明らかにしていきます。
中村さんが少年時代を過ごしたいわきの訛りで語る原発への怒りが、私たちの胸に深く
突き刺さります。是非ご参加ください!

【日時】  2018年11月28日(水)14:00(開場13:30)
【場所】  スペースオルタ 新横浜駅より徒歩6分 オルタナティブ生活館地下1階)
【チケット代】 2,000円(全席自由 当日券はございません)
【主催】  WE21ジャパングループの11地域のNPO法人
       いずみ・旭・せや・ほどがや・とつか・なか
       みなみ・いそご・港南・さかえ・よこすか
【後援】  NPO法人WE21ジャパン、スペースオルタ
【チケットのお求め・問い合わせ】NPO法人WE21ジャパン 
TEL:045-264-9390 Email:morita@we21japan.org


【プロフィール】
中村敦夫 1940年,東京生まれ。幼少期に福島県に疎開し、小中学校を過ごし、
東京に戻って都立新宿高校を卒業、
東京外国語大学に入学。演劇に興味を持ち大学を中退、劇団俳優座に入る。
1965年ハワイ大学留学、帰国後は劇団を退団して、TV界へ進出した。
その後数多くのドラマに主演、脚本や演出でも活躍、
ニュースキャスターを経て、1998年、参議院東京選挙区から立候補して当選。
日本最初の環境政党を作ろうと全国の組織化に奔走し、2004年に政界引退を表明する。
2007年から3年間、同志社大大学院で講師を務め,環境社会学を講義。
現在は日本ペンクラブ理事、環境委員を務めている。


中村敦夫朗読劇.jpg

中村敦夫朗読劇記事.jpg


2018年10月16日 |



WE21ジャパンでは、活動を推進する事務局職員を募集することになりました。
募集要項をご覧いただき、ご不明な点やご相談などがございましたら、お気軽にご連絡ください。
ご応募をお待ちしております。

**********************************************【募集要項】*********************************************************


◆募集職種:WE21ジャパン事務局長 

◆募集人数:1名

【契約形態】常勤職員
      ※非常勤職員(週3日以上)をご希望の場合、勤務日・時間、
      業務内容などご相談ください。

【業務内容】組織運営に関わる事務局業務全般(総務・財務・広報・人事等)
      会員や協力者との連絡・及び連携強化。

【勤務開始時期】2018年12月より。入職時期は応相談。3ヶ月間は試用期間とする。

【勤務日】月-金曜日の週5日勤務。(土日、祝日、年末年始休)。ただし、イベント等がある場合には、
      土・日・祝日勤務の可能性あり。振替休日あり。(応相談)

【勤務時間】午前9時-午後6時。昼食休憩1時間、実働8時間。(応相談)

【待遇】当団体規定による(試用期間3か月、社会保険完備、通勤手当支給)
 
【勤務地】特定非営利活動法人WE21ジャパン事務所
     神奈川県横浜市中区山下町70土居ビル6階(最寄駅:JR関内駅、みなとみらい線日本大通り駅)

【資格・条件】
※職務遂行上、必須の資質        
・市民による国際協力、市民社会からの提言活動に強い関心を持つ方。
・当団体の活動内容や方針について理解、賛同し、理事会の一員として運営責任を負う意志がある方
(応募時に会員でない方は、採用決定後に入会が必要です)。
・基本的なコンピューター操作(Word、Excel、インターネット、電子メール等)ができること。

※望ましい資質(必須ではない)
・さまざまな立場や考え方の人とコミュニケーションをとる意欲のある方。
・組織の運営・管理の経験のある方。
・NGO/NPOの活動や勤務経験のある方。
・営業・渉外・広報などの経験がある方。
・経理の基礎的な知識・経験を有する方。

【応募方法】
提出書類:1.履歴書(市販のもの)、2.職務経歴書、3.志望動機書(2.、3.、はA4でそれぞれ2枚以内、
自由書式)、4.職務経歴について問い合わせ可能な方(氏名、所属、応募者との関係、連絡先)を下記まで、
電子メールにて提出ください。

提出先:特定非営利活動法人WE21ジャパン morita@we21japan.org
電子メールのタイトルには、「WE21ジャパン事務局長応募の件」とご記入ください。
応募締め切り: 適任者が決まり次第、締め切ります。
選考方法: 書類選考の上、面接を予定しています。

2018年10月12日 |



10月16日の「世界食料デー」、17日の「貧困撲滅のための世界デー」に寄せて、世界の貧困が生まれるしくみ、「世界」と「私」のつながり、そして私たちが普段の暮らしの中でできることを考えるキャンペーンを実施しています。

神奈川県を中心に広がる54の「WEショップ」を中心に、キャンペーン期間中の売上金の寄付、海外で活動するNGOスタッフによる講座の開催、写真・パネル展示等を行い、多くの方たちに関心を持っていただく機会をご用意しています。

わたしたち一人ひとりが貧困をなくすために何ができるのか・・・
イベントに参加して考えてみませんか?

*各地域NPOのキャンペーン内容はこちら(2018年10月2日更新)
貧困なくそうキャンペーン計画表2018.pdf

貧困をなくそうキャンペーン2018.jpg

貧困をなくそうキャンペーン2.2018.jpg

「貧困なくそうキャンペーン2018」は
◆世界食料デー月間2018 みんなで食べる幸せを◆と連携しています。

10月16日世界食料デーを中心に、10月の1か月間食料問題の解決に向けたキャンペーンが行われます。
詳しくは → http://www.worldfoodday-japan.net/

2018年10月04日 |