文字の大きさ

8月15日を迎え、テレビや新聞等様々なメディアで、第二次世界大戦当時の番組が特集されています。
そこには、大戦に至る過程の検証とともに、二度とこのような戦争を起こさない、
憎しみや悲しみを生まない決意が語られています。
しかし一方で、日本と韓国の政治的現状は厳しい状況にあり、
それが市民感情にも影響していることに強い懸念を覚えます。

WE21ジャパンは、現在の両国の関係に対し、理念に基づき、以下の声明を発信します。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


声明「韓国と日本の市民による連帯を強め未来志向で信頼関係を築きましょう!」


 韓国と日本の両国首脳による政治的・経済的応酬とそれを扇動的に報じる一部メディアにより、この間、日韓市民交流のイベントも中止されるなど、日ごろ培ってきた市民相互の信頼の輪にも影響が出ています。

 今までも従軍慰安婦や竹島、歴史教科書問題など事あるごとに、韓国と日本の関係が厳しくなることが多々ありました。しかし、そんな時でも市民交流は続き、市民同士の連帯によって互いの考えや社会状況を理解して、政治やメディアの欠落した部分を埋めてきました。しかし、今回はあの戦争で被害を受けた多くの韓国の人々の叫びが大きな渦となって、私たちに迫って来ています。

 第二次世界大戦は、日本が朝鮮半島だけでなくアジア地域に侵略し、多くの人の命を奪い、人権を傷つけてきたことは歴史が物語っています。私たちは日本政府がこの事実に真摯に向き合い、過去の過ちを認めることから、新たな友好関係を築くことができると考えます。今後も、私たちは政府に対して謙虚な姿勢でアジアの人たちに向き合い、過去の過ちを認めることを強く要望していきます。

 WE21ジャパンは、第二次世界大戦の反省に立ち、二度と戦争を起こさない社会を作りたいと、軍事力ではなく、アジアの人たちと連帯することで実現する「人間の安全保障」の視点を基盤に活動をしてきました。韓国との間でも、2004年から同じように市民からの寄付品を販売し、その収益で民際協力するチャリティショップを運営する「美しい店」との交流や、2014年に友好協定を結んだ慶南広域自活センター協会と相互訪問し、市民事業や貧困対策について学び合うなど、15年以上市民レベルでの交流を続け、お互いの文化や活動への取り組みを尊重してきました。

 これまでの交流を通して、私たちは国を超えて市民が互いの課題を共有し、学び合い、思い至らなかった相手の立場に気づき、たくさんの小さな信頼関係を築いてきました。こうして培われた無数の信頼関係こそが、平和を生み出す大切な基盤であると確信しています。国家対国家の外交においても、息の長い対話を持ち続けて、相互理解への道を模索することが大事であると考えます。WE21ジャパンは自らの実践を通じ、これを伝え続けていきます。


2019年8月19日
特定非営利活動法人WE21ジャパン


※PDF版はこちらからご覧ください。


--------------------------------------------------------------------------------------------------

※社会運動家カン・ネヨン氏を通じて、韓国の市民運動団体や、友好協定を結んでいる慶南地域自活センター協会へ発信しました。市民の連帯を信じて行動していきましょう。韓国語訳(PDF版)はこちらからご覧ください。

2019年08月26日 |



平素より、WEショップをご利用いただき誠にありがとうございます。
夏期休暇を下記の通りとさせていただきます。

ご不便おかけしますが、ご不明な点は各店舗までお問い合わせください。
店舗一覧はこちらから

夏季休暇.jpg
2019年8月夏期休業一覧_20190731.pdf

2019年08月08日 |



【WE21ジャパン主催イベントのお知らせ】
プロサバンナ事業関連で今年はWE21ジャパン主催で、TICAD公式サイドイベントを開催いたします。奮ってご参加ください。

ticad_reaf_a_iow.jpg

ticad_reaf_b_low.jpg


SDGsとアフリカ開発?  ?私たちの暮らしから考える?
アフリカは「遠い国?」
エチオピアのコーヒー、モーリタニアのタコ、ケニアのバラ。そして日本の産業になくてはならないニッケルやプラチナなどの鉱物資源・・・これらはすべてアフリカからの輸入されています。これらの輸入は、アフリカの人たちの暮らしも豊かにしているでしょうか?
TICAD7を機に、アフリカの農民の方たちをお招きし、私たちに身近な存在であるパームオイルと大豆油を事例に、いま世界で何が起きているのか、専門家を交えて報告してもらい、日本との関係を紐解きます。そしてSDGs達成に向けて日本の消費者として何ができるか、皆さまと横浜から考えます。

日時:2019年8月29日(木)15:30?17:00
会場:パシフィコ横浜1階 展示ホールB
定員:200名

報告1:パームオイルと私たち           浜田順子 (WE21ジャパン理事)
報告2:油ヤシ・プランテーションで起きていること 
エマニュエル・エロング(カメルーン農民)
報告3:アフリカで大豆生産   ~日本のODAプロ左伴あ事業から見えること
                     ボア・モンジャーネ(モザンビーク活動家)
                     コスタ・エステバオ(モザンビーク農民)
解説:グローバルフードシステムと日本      平賀みどり
<コメント・ご挨拶>  海田祐子(WE21ジャパン理事長)
<司会・全体進行>   渡辺直子(日本国際ボランティアセンター(JVC))


申込み・お問合わせはこちらのサイトからお申込みください
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/b00f23a2628543
<お問い合わせ>WE21ジャパン
TEL:045-264-9390
Email:shien@we21japan.org

2019年08月07日 |



WE21ジャパンは、2019年8月10日(土)〜18日(日)まで、
夏期休暇とさせていただきます。

2019年08月06日 |



2019年5月18日(土)、第20回通常総会の記念講演として、清水俊弘さん(地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)代表理事)を招いて、地雷根絶に向けてのこれまでの歩みと、オタワ条約発効から20年たった現在の成果と私たちの課題についてのお話を伺いました。

****** ****** ****** *******

第20回総会講演会写真2.JPG

当日の参加者は42人、講演会では、1999年3月のオタワ条約発効までの道のりから、その後20年の実状をお話しいただきました。

手足の損傷や失明など、人の身体、そして金銭的にも、一生にわたり苦しめ続ける
「悪魔の兵器」と称される対人地雷の恐ろしさと、その兵器による影響が説明され、世界の90か国に地雷の問題まだあること、被災者の約8割が非戦闘員であること、被災者の生活への影響など、普段私たちが知ることができない現状を知ることができました。

条約発効までの険しい道のりもさることながら、条約の実質的な進捗を見守る"市民の目"ランドマインモニターのしくみにより、164ヵ国の締約国へ条約をしっかりと遵守させ、地雷生産の禁止、備蓄地雷の廃棄、埋設地雷の除去、そして被害者の支援と着実の成果を上げています。

JCBLは、今後の取り組みとして、朝鮮半島の地雷問題、ミャンマーの被害者支援と、条約締約への働きかけ、無差別兵器の製造企業に対する投融資禁止キャンペーン"ESG (E=Environment, S=Social, G=Corporate Governance)" の推進を進めており、ESGの話の中で、日本が運用している政府年金運用基金(GPIF)が、クラスター爆弾の製造企業へ流れており、私たちの納めている年金が、恐ろしい兵器を作る資金となっていることを知り、けして他国だけの問題ではないことを認識しました。
質疑応答では、参加者より、「回収された爆弾は、どのように処理されているのか?」などの質問がされ、みなさんの関心の高さがうかがえた講演会でした。


【第20回通常総会 総会記念講演会 開催概要】

◆日程: 2019年5月18日(土)

◆時間: 14:00-16:00(13:30開場)

◆講師: 清水俊弘さん(地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)代表理事)

◆会場: JICA横浜 4F 会議室かもめ(横浜市中区新港2-3-1)
    <アクセス>JR線・私鉄「桜木町駅」から徒歩15分、または
          みなとみらい線「馬車道駅」4番万国橋出口から約8分

◆参加費: 500円


◆主催:  認定NPO法人WE21ジャパン

【講師プロフィール】

清水俊弘さん
1962年東京生まれ。大学卒業後、小学校教員、高校講師を経て 1987年、日本国際ボランティアセンター(JVC)に参加。
タイ・カンボジア国境の難民キャンプ、カンボジア国内の復興支援、東チモール、アフガニスタンなどの緊急対応担当を経て、2002年から2012年まで事務局長。同年6月末に退任。現在は副代表理事。一方、カンボジア駐在時より対人地雷の世界的禁止を求める国際NGOのネットワーク、地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)に参加。1997年、地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)の立ち上げに参画。2016年から代表理事。獨協大学国際教養学部、立教大学コミュニティ福祉学部兼任講師。穴山の穴場カフェ「おちゃのじかん」マスターでもある。

profile_simizu.jpg
チラシ(PDF版)はこちら.pdf


2019年05月27日 |



平素より、WEショップをご利用いただきありがとうございます。
ゴールデンウイーク期間中の営業日を下記のとおりとさせていただきます。

2019年ゴールデンウィーク営業日店舗一覧.jpg

ご不便をおかけしますが、ご不明な点は、各店舗にお問い合わせください。

店舗一覧はこちらから

2019年04月22日 |



------終了いたしました。ご参加ありがとうございました。------

認定NPO法人WE21ジャパンは、
第20回通常総会 記念講演会
『地雷なき地球を目指して-オタワ条約20年の成果と残る課題-』を開催します。

今からおよそ四半世紀前、世界70か国以上の国々で多くの人々が対人地雷
の犠牲となっていました。その数は年間およそ1万人。20分に1人の割合で
世界のどこかで誰かが地雷を踏んでいる計算になります。一刻も早くこの
問題を解決しなければと立ち上がったNGOとそれに賛同する有志国の努力
により、対人地雷全面禁止条約(オタワ条約)が誕生しました。99年に条約が
発効してから今年で20年。地雷なき世界は見えてきたのか、残る課題を乗り
越えるためにわたしたちにできることは何かを考えます。是非ご参加ください!


【第20回通常総会 総会記念講演会 開催概要】

日程: 2019年5月18日(土)

時間: 14:00-16:00(13:30開場)

講師: 清水俊弘さん(地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)代表理事)

会場: JICA横浜 4F 会議室かもめ(横浜市中区新港2-3-1)
    <アクセス>JR線・私鉄「桜木町駅」から徒歩15分、または
          みなとみらい線「馬車道駅」4番万国橋出口から約8分

参加費: 500円

お申込: 下記のフォームよりお名前、ご連絡先、
   ご所属(あれば)をご連絡ください。
お申込みはこちらから>>>https://forms.gle/qHiBo9QbEHGTxhQW6
または団体へTEL、FAXでお申込みください。
        *要事前申込み 5/15(水)〆切

主催     認定NPO法人WE21ジャパン

【講師プロフィール】

清水俊弘さん
1962年東京生まれ。大学卒業後、小学校教員、高校講師を経て 1987年、日本国際ボランティアセンター(JVC)に参加。
タイ・カンボジア国境の難民キャンプ、カンボジア国内の復興支援、東チモール、アフガニスタンなどの緊急対応担当を経て
2002年から2012年まで事務局長。同年6月末に退任。現在は副代表理事。一方、カンボジア駐在時より対人地雷の世界的禁止を
求める国際NGOのネットワーク、地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)に参加。1997年、地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)の立ち上げに参画。2016年から代表理事。獨協大学国際教養学部、立教大学コミュニティ福祉学部兼任講師。
穴山の穴場カフェ「おちゃのじかん」マスターでもある。

profile_simizu.jpg
チラシ(PDF版)はこちら.pdf

2019年04月18日 |



お待たせしました!!
毎年恒例の着物フェアを開催いたします!

今すぐお召しになれるお着物、帯、和装小物など、
素敵な品物を取り揃えております。
また、小物作りに最適な端布もご用意しています。
皆さまのご来店をスタッフ一同お待ちしています(・_・)(._.)

【日時】2月25日(月)?3月2日(土)
※2月25日?28日 10:00?16:00
 3月1日 10:00?17:00
 3月2日 13:00?17:00

【お問い合わせ】045?846?5098

kounan.jpg

2019年02月21日 |



WE21ジャパンが、低炭素杯 2019で優秀賞を受賞しました!!

2月8日(日)に低炭素杯2019が、カルッツかわさきで開催されました。
WE21ジャパンは全国からの応募1,425団体の中からファイナリスト(28団体)に選ばれ、当日は、WE21ジャパンのリユース・リサイクル活動で、31万枚の衣類のリユースにより、597トンのCO?を削減したことを発表し、優秀賞を受賞しました!
低炭素杯を通じて、たくさんの方々に知っていただく機会となりました。
引き続きWEショップでのお買い物で、CO?削減をすすめていきましょう!

teitansohai2019.JPG

2019年02月15日 |



【『今日はフェアトレードの日』、ワークショップを開催します!】


国際協力・多文化共生に関心をもつすべての人に
お勧めのイベントです。約50講座が、2日間にわたり
開催されます。講演会・報告会・ワークショップなど、その内容も豊富です。
WE21ジャパンからは、『今日はフェアトレードの日』と題して、開発教育チームが、
ワークショップを行います。是非ご参加ください!


【日時】 2019年2月3日(日)13:30-15:00
【会場】 JICA横浜 4F やまゆり
【参加費】 事前申込 500円(1日につき)
      当日申込 700円

【申込詳細】http://yokohama-c-forum.org/wpforum/
      ※事前申込〆切 1月30日(水)

international forum 2019 amend.jpg

international forum 2019 schedule.jpg

2019年01月28日 |