文字の大きさ

民際協力

【民際協力】11/1(土)民際協力 鉱山問題 連続講座 《第2回》 山と共に生きる人びと=鉱山開発が先住民族にもたらしたもの=開催!

民際協力 鉱山問題 連続講座 第2回
 山と共に生きる人びと=鉱山開発が先住民族にもたらしたもの

鉱物資源の豊かなフィリピン・ベンゲット州の山岳地域に暮らしているのは、低地で暮らし、
タガログ語を話す、いわゆる「フィリピン人」とは違う文化やルーツを持つイゴロと
呼ばれる先住民族の人たちです。

先祖代々伝わる文化を守りながら、豊かな自然の中でしっかりとした共同体を作って暮らしてきた
人々の生活を一変させた鉱山開発。

過去の鉱山採掘で環境を破壊され、土地を奪われ、コミュニティが分断された人々が今どのような
問題をかかえているのか、新たに出されている鉱山開発申請とどう向き合っているのか、
まず知ることから始めてみませんか。


日 時: 2014年11月1日(土)10:30-12:00 

会 場: かながわ県民センター 705号室
       (横浜駅西口から徒歩5分)

講 師: 園田久美子(WE21ジャパン民際協力委員)

参加費: 500円

お申込み: お電話、Eメール、FAXいずれかの方法でお申し込み下さい。

     TEL: 045-440-0421 FAX: 045-440-0440
     E-mail: shien@we21japan.org

※チラシはこちらをクリック

----------------------------------------------------------------------------
連続講座(次回の予定)

第3回「開発のもたらすもの=フィリピン、日本、ラオス=」

*ぜひ引き続き、ご参加下さい!*
----------------------------------------------------------------------------
主催:WE21ジャパン民際協力委員会

2014年10月21日 |



【民際協力】民際協力 鉱山問題 連続講座 【第1回】「携帯電話から見える フィリピンの鉱山問題」を開催します!-7/17(木)、7/26(土)、8/7(木)-

民際協力 鉱山問題 連続講座
【第1回】「携帯電話から見える フィリピンの鉱山問題

私たちと誰かをつないでくれる便利なツール「携帯電話」。
そんな携帯電話が作られるには、たくさんのレアメタル等の鉱物が採掘され、
採掘地で様々な問題が起きているのを知っていますか?

今回は鉱物採掘地の一つ、フィリピンのベンゲット州を事例に
鉱山問題を考えます。

私たちの便利な暮らしの裏側で起きている現実を一緒に見つめてみませんか?
3つの会場で開催いたします。お近くへぜひお越しください。
皆さまのご参加をお待ちしております!

DSC01874.jpg
ルボ村:鉱山開発によって山が切り崩されてできた湖

■湘南会場 2014年 7月17日(木)11:00-12:15 
      ひらつか市民活動センター2階 A会議室(JR平塚駅より徒歩2分)

■横浜会場 2014年 7月26日(土)10:30-12:00
      かながわ県民センター 604号室 (横浜駅より徒歩5分)

■海老名会場 2014年 8月7日(木)10:30-12:00
       海老名総合福祉会館 第4会議室 (海老名駅より徒歩8分)


(※各会場での内容は共通です。お近くの会場にお越しください!)

◎参加費:500円 

◎講 師:千葉 美佐子(WE21ジャパン民際協力委員)
     小池 絢子(WE21ジャパン民際協力室)

◎お申込み:お電話、Eメール、FAXいずれかでお申し込み下さい。
      TEL:045-440-0421 FAX:045-440-0440 
      Eメール:shien@we21japan.org(担当:小池)


---連続講座の予定---

第2回「ベンゲット州の鉱山問題とWE21ジャパンの取り組み」(9月予定)
第3回「開発のもたらすものフィリピン、日本、ラオス」(11-12月予定)

*ぜひ引き続きご参加下さい!*

※チラシPDFはこちらを

2014年07月13日 |



【民際協力】3/15(土)コーディリエラ・グリーン・カフェ「フィリピンコーヒーの森を五感で学ぶコーヒーブレイク」

CGNカフェちらしバナー.jpg

緑豊かなフィリピンの山岳地帯、コーディリエラ地方ベンゲット州で育った
美味しいフェアトレードコーヒー「カピタコ・コーヒー」をご存知ですか?

化学肥料などを使わず、先住民族の人々によって森の中で育てられたこのコーヒーは、
豊かな香りと、飲みやすさが特徴!

私たちWE21ジャパンは、そんなフィリピン先住民族の人々によるコーヒー栽培を
サポートしています。2009年台風ペペンにより大きな被害を受けた生産地コロス
集落の人々は、コーヒーと他の樹種を一緒に植えるアグロフォレストリー(森林栽培)
を通して、森林再生と生活向上を目指しています。

そんな頑張っている現地の人びとの様子を少しのぞいてみませんか?
美味しいコーヒーとふんだんな現地の写真・映像をご用意してお待ちしています!

コーヒーの森づくり.jpg

日時:2014年3月15日(土)14:00-15:30
会場:WEショップすみだ(Tokyo油田モール、油田カフェ)
       東京都墨田区八広3-39-5ライオンズマンション墨田1階
参加費:500円(*フィリピンのカピタコ・コーヒー1杯つき!)
報告者:WE21ジャパンコーヒーの森チーム

お問合せ・お申込み:shien@we21japan.org(民際協力室 小池)

※詳しくはこちらのCGNカフェちらし.pdfをクリックしてください。

2014年02月24日 |