文字の大きさ

WEショップ港南台店 | お知らせ

港南台店12/20まで 陶器市開催中!!

港南台店では12月20日(金)まで
陶器市を開催中です。

開催中は、食器、重箱、おわんなどの漆器、お盆、花器が

表示価格の50%オフで販売しています。

どうぞ、ご来店ください。


尚、年末は、12月20日(金)までの営業とさせていただきます。

新年は、1月6日(月)から営業します。

1月6,7日は初売りも予定しています。

2013年12月18日 |



港南台店12/6 アフガニスタン支援先報告会を開催しました

 e3912b2e-s.jpg  12月6日に支援先である日本国際ボランティアセンター(JVC)から、アフガニスタン担当、小野山亮氏、
加藤真希氏をお迎えして、アフガニスタンの現状について報告をうけました。

小野山氏は医師の衣装(白色は地位の高さを表す色という)に着替えられました。
アフガニスタンにおける医療保健活動の様子をクイズを交えながら、参加者を巻き込んでの楽しい報告でした。
現在、アフガニスタンは治安が悪化して、現地に入ることはできないとのことでした。
2014年は大統領選挙、アメリカ軍の撤退という節目の年に当たり、今後の情勢はますます厳しいものになりそうです。

5edeb8f1-s.jpg加藤真希さんはお気に入りのスカーフ(現地で買われたもの)を
終始身に着けて、若い女性らしい観点から、
アフガニスタンの女性の社会進出について、診療所スタッフ30名のうち女性は4?5名ほどしか居らず、また母親教室参加者15名のうち字が読める人は一人もいないなど、教育を受ける機会は少なく女性の地位は依然として低いという。
一般家庭の部屋、キッチンなども写真で紹介され暮らしぶりや、結婚事情なども聞くことができました。
恋愛結婚はありえないとか・・・

若い女性が外出するときは、ブルカという民族衣装を着なければならない!
報告会参加者も試着してみましたが、前方しか見えず、
足元は全く見えなくて危ないこと、そして重く暑いとか・・

20131206bubuka2.jpg

詳しくは、リンク先の日本国際ボランティアセンター(JVC) 加藤真希さんのブログに今回のパキスタン滞在のエピソードが満載です。
ぜひ覗いてください

2013年12月11日 |



港南台店10/17 開店記念セール開催!

オープン14周年アニバーサリー半額セール開催します!!

WEショップ港南台店は10月17日で14周年を迎えます。

日頃のご寄付やお買い物をしていただいた皆様へ感謝の気持ちをこめて半額セールを開催いたします。

尚、貧困撲滅キャンペーンとして10月17日の売上全額を「幼い難民を考える会(CYR)」に寄付します。

2013年10月12日 |



港南台店8/7-10サマーセール開催&夏季休暇のお知らせ

夏恒例の全品半額サマーセール開催!!

8月7日(水)-10日(土)

4日間開催します。どうぞご来店ください。


==夏季休業のお知らせ==

8月11日(日)- 8月19日(月)までを夏季休業します。

よろしくお願いします。

2013年08月01日 |



港南台店港南2012年度支援報告と支援先報告会

5月17日 WE21ジャパン港南の第13回通常総会と、東日本大震災支援報告会を開催しました。

総会終了後、支援先である宮城県多賀城市の「おおぞら保育園」園長 
黒川恵子先生による東日本大震災支援先報告会を開催しました。

黒川先生から、3月11日震災当日のお話を聞くことができました。

「震災直後、お散歩車に6人ぐらいの子どもを乗せて、お茶やお菓子、布団などを入れて、避難先の小学校まで子どもたちと川沿いを歩き向かった。子どもたちもぐずることなく歩いた。途中で元気がでるようにと、「トトロのさんぽ」を口ずさんだ。30分歩いて避難先の小学校についたが、すぐには入れてもらえなかった。校庭に津波がきたのでそのまま3Fの図書室に土足のまま上がった。メールはつながらず夕方5時頃に電話がつながり保護者に連絡が取れた。持ってきたお茶やお菓子があったおかげで夜をしのぐことができた。また、持ってきた掛け布団と新聞紙をひいて14名の子どもと4人の保育士で夜をしのいだ。後から避難先で合流した保育士は園の様子を見てきたが、かなりの高さまで浸水していたとの事で、園を出るのが20,30分遅かったら危なかったとゾッとした。
次の日の夜は、仙台などに勤めているお母さんたちが水につかりながら駆けつけてくれた。食べるものは自衛隊の炊き出しを持っていたレジ袋に入れてもらい持ち帰り皆で食べた。
また、翌日自衛隊のトラックに乗せられて、避難場所である総合体育館に移動した。出発時に聞いていた場所に行かれず、別の避難場所に連れて行かれたので、お休みの子どもの安否確認には数日がかかった。」
など、生の体験談を聞くことができました。

また、2日前の大きな余震の後に、避難場所を市役所に確認し、保護者に知らせてあったことで、震災当日は速やかに緊急避難先に向かうことができたなど、準備の大切さを知りました。

報告会では、多賀城市の図書館で震災のライブラリーとして貸し出されている3月11日当日のビデオも上映しました。
テレビでは見たことのない多賀城市の津波の映像を参加者は食い入るように見て涙しました。
震災の記憶を共有し、忘れないことの大切さを再確認できた貴重な日でした。

「おおぞら」保育園は、震災の津波により廃園した保育園の子どもたちの受け入れ先として、津波を受けなかった地域に、トレーラハウスで運営している保育園です。WE21ジャパン港南は「幼い難民を考える会」を通して支援をしたこちらの保育園にスタディーツアー訪問し、その後も支援をしています。

kounan20130517_1.jpg

kounan20130517_2.jpg


WE21ジャパン港南2012年度支援報告

皆様からの募金や寄付、そして収益金から総合計 2,221,616円を海外と国内に支援することができました

【イラク・福島】 チョコ募金 (2月4日?15日)?思いをはせようキャンペーン?
日本イラク医療支援ネットワーク(JIN-NET)へ  募金支援 239,137円(仕入れ120,000円含む)

【アフガニスタン】 地域医療支援事業・母親教室 (10年目)  
NPO法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)へ 継続支援 250,000円

【パレスチナ】 ガザ地区医療支援 
NPO法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)へ 緊急支援 100,000円  
                     港南台店・上永谷店両店店頭募金  11,792円

【カンボジア】
 ◆ ケマラ保育所支援事業 (5年目)(貧困なくそうキャンペーン10/17の港南台店・上永谷店収入より支援)
  NPO法人 幼い難民を考える会(CYR)へ  寄付金支援 100,000円
  

 ◆保育所の給食提供 (7年目)(貧困なくそうキャンペーン10/17の港南台店・上永谷店収入より支援)
  NPO法人 幼い難民を考える会(CYR)へ  寄付金支援 37,455円

【東日本大震災被災地】
 ◆「閖上の記憶」運営資金 (着物フェアの収入から支援)
  NPO法人 地球のステージへ   寄付金支援 150,000円

 ◆「おおぞら保育園」保育環境整備資金  (着物フェアの収入から支援)
  おおぞら保育園へ      寄付金支援 380,000円
     
 ◆福島支援プロジェクト (着物フェアの収入から支援)
  日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)へ 寄付金支援  365,440円

 ◆被災した子どもたちの心のケアと自立支援 (毎月11日の売上の50%と3・11チャリティオークションの全額を支援)
  NPO法人 幼い難民を考える会(CYR)へ 継続支援と寄付金支援 435,825円
                        港南台店・上永谷店両店店頭募金  51,967円

 ご協力ありがとうございました。

     

2013年05月30日 |



港南台店2/25-3/11 3.11チャリティオークション開催

kounan20120225.jpg


オークション出店商品は、店内に展示しています。

2/25(月)から3/9(土)まで、店内設置の投票箱に入札金額を札入れできます。
毎週火曜と金曜に最高額を公開します。同一商品に何枚でも申し込めます。

公開落札日は、3月11日(月)AM11:00から 港南台店で行います。

最高額を付けた方が落札、最高額の方が複数の場合は先着順とします。

今年は、ジュエリーなど22品を出展しています。
どうぞお気軽に、ご参加ください。

2013年02月25日 |



港南台店2/4-15 チョコ募金開催!

kounanca2013_1.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

kounanca2013_2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

kounanca2013_3.jpgのサムネイル画像

2013年02月05日 |



港南台店1/15-17 ウインターセール開催!!

1/15(火)から1/17(木)まで

全品半額セール開催します。


ご来店おまちしています。

1