文字の大きさ

WEショップさかえ店 | お知らせ

さかえ店WE講座「郡山から川崎へ避難している松本徳子さんを迎えて」を開催しました

■5月20日(土) 11:00-13:00 未来塾栄教室にて
 松本徳子さんは、福島原発事故の避難者でありながら避難者が孤立しないで生活するための相談窓口「避難の協同センター」(事務所は東京)の共同代表として活動しています。
 原発事故後、松本さんはすぐ東京に避難しましたが、娘の中学入学のために4月には福島に戻りました。娘が体調不良になり、その後川崎市へ母子避難しましたが、娘を被曝させてしまったことを後悔し続けています。避難者のお母さんたちにはわが子を被曝させてしまったのではないかと今も悩んでいる人が多いとのことです。でもそれは親の責任ではなく、本来は国と東電の責任のはずです。
 自主避難した人たちが多くの困難を抱えた生活を余儀なくされているなか、国は2017年3月末で自主避難者への借上げ住宅の無償提供を打ち切りました。家賃の補助は避難生活に欠かせません。松本さんたちは撤回を訴えて活動してきましたが、その声は「帰還」「復興」の大きな声の中で届くことはありませんでした。原発事故被災者が何に悩み何を訴えているのか、私たちはもっと耳を傾けなければと、あらためて思いました。
講座松本さん.JPG

2017年05月25日 |



さかえ店WE講座「郡山から自主避難している松本徳子さんを迎えて」

WE21ジャパンさかえは第15回総会終了後にWE講座を開催、福島原発事故で郡山市より母子で川崎市に避難している松本徳子さんのお話を伺います。
松本さんは、避難者でありながら避難している人たちを支援する活動に関わり、昨年7月には、避難者が孤立しないで生活するための支援の窓口となる「避難の協同センター」(事務所は東京)を支援する人たちと設立、代表世話人を務めています。
原発事故から6年あまり、およそ8万人もの人たちがいまだ避難生活を続けています。今もなおさまざまな困難を抱える人たちの気持ちに少しでも寄り添えることができればと思います。皆さまのご参加をお待ちしています。
日時:5月20日(土)11:00-13:00
場所:未来塾栄教室(WEショップさかえ隣)

IMG_1636[2].JPG
3月20日に渋谷で行われた「さようなら原発 全国集会」で「避難の協同センター」の共同代表の1人として「原発と人類は共存できない」と力強くお話しする松本徳子さん

2017年05月15日 |



さかえ店河合弘之監督「日本と再生」上映会に協賛しました

4月21日、「日本と原発」の河合弘之監督の新作「日本と再生」がJR本郷台駅近くのあーすぷらざホールで上映されます。
「原発に依存しない社会をめざします」と宣言したさかえは、上映会に協賛しました。
昼の部チケットはほぼ完売、夜の部の座席はまだ余裕があります。
日本と再生ちらしブログ用.gif

2017年04月10日 |



さかえ店3月11日は「3.11をわすれないDAY」

WE21ジャパンさかえは、東日本大震災から1年たった2012年3月、「被災地支援を続けます」「原発に依存しない社会をめざします」と宣言しました。
WEショップさかえは毎月11日を「3.11をわすれないDAY」として品物を特定して半額で販売したり、「大槌を応援する会」が取り寄せる東北の産品を販売しています。
東日本大震災から6年たった3月11日は「全品 半額!」でお客様をお迎えします。
お買い物と募金をよろしくお願いします。
3.11をわすれない2017.3.gif

2017年03月02日 |



さかえ店新店舗オープン!

1月10日、公田町の新店舗がオープンしました。
2年半営業していた笠間町のお客様に加え、桂町で営業していた時のお客様も来店してくださいました。
10時半の開店ではクラッカーを鳴らし、スパークリングワイン風ジュースで乾杯して、お客様とスタッフで開店を祝いました。
小さな狭いお店ですが、場所は栄区の?銀座通り?、移転作業にはボランティアにも力が入りました。
お祝いのお花もいただき、「年をとったけどもう少しがんばろうね!」と励まし合いました。

IMG_1516.JPG
IMG_1518.JPG
公田町店舗地図.gif

2017年01月11日 |



さかえ店さかえは店舗を移転、公田町新店舗オープンは1月10日、ご来店よろしく!

WEショップさかえは、建替え工事のため12月22日をもって笠間の店舗を閉じ、新春1月10日より公田町の新店舗で営業することになりました。
WE21ジャパンさかえは、12月3日に臨時総会を開催し、全会一致で移転を決議しました。
桂町から笠間に移転して2年半と短い期間でしたが、ご愛顧、まことにありがとうございました。
新店舗に移転後も変わらぬご愛顧を、よろしくお願いいたします。

2016.12移転セールちらし2.gif

2016年12月05日 |



さかえ店コミュニティ・ルーム「ここ」を訪問しました

10月17日、港南区の野庭団地内にある居場所カフェ・コミュニティルーム「ここ」をさかえのメンバー9人が訪れました。
毎年行っている「貧困なくそうキャンペーン」では、さかえはこの数年、国内の貧困問題を学習し、支援団体などを支援してきました。
今年は、地域が抱える課題に向き合って「自分たちができることを少しでもやりましょう」とがんばっている女性たちを支援しようと、「ここ訪問」を企画しました。
「ここ」は「港南たすけあい心」の有志の女性たちが一人暮らしのお年寄りが気軽に集える居場所として11年前に設立しました。カフェを運営しながら、就労支援・子どもの居場所・無料学習支援など、行政の支援をほとんど受けずに活動領域を広げています。代表の影山豊子さんのお話から、地域でさまざまに活動している人たちやグループとネットワークすることが大事だとわかりました。
また近くのケアプラザで2月から「のば・こども食堂」を運営している山田緑さんからもお話を伺うことができました。資金的なことを含め課題はありますが、近隣の農家や生産者の協力を得て、おおぜいの仲間や子どもたちと一緒にがんばっています。
地域の課題に向き合う女性たちに励まされ、居場所の大切さを実感した1日でした。
ここ訪問.jpg

2016年10月21日 |



さかえ店9月10日は「3.11をわすれないDAY」

「バッグ・靴 半額!」
「大槌を応援する会」が取り寄せる昆布やワカメ、ひじきなど、東北の産品も販売します。
ご来店をお待ちしています。
2016.9.3.11.jpg

2016年09月08日 |



さかえ店サマーセール2016

10日(水)、11日(木)
11日は祝日ですが、営業します。
平日はなかなか行けない、という方、この機会にぜひお立ち寄りください。サマーセール 1.jpg

2016年08月09日 |



さかえ店WE講座 「支援すること、支援されること」

■5月14日(土) 13:00-15:00 かさまゆうわ館にて(WEショップさかえ隣)
原発事故のために福島県浪江町から横浜市に避難、WEショップ青葉で運営委員として活動する伊藤まりさんを講師にお呼びしています。
支援される立場にいた伊藤さんがWEショップ青葉と出会い、海外支援活動を通してさまざまなことを感じた様子が、3月16日発行の朝日新聞に掲載されました。記事の中で「豊かな生き方を教えてもらいました」と語っている伊藤さんのお話から、支援とは何か、一緒に考えてみませんか。参加自由。
朝日新聞2016.3.16.jpg

1  2  3  4  5